特Pオーナー規約


第1章 規約の目的


第1.1条(目的)
1. 特Pオーナー規約(以下「本規約」といいます。)は、駐車場等シェアリング情報提供サービス「特P」について、オーナーが駐車場を本サービスの用に供し、またはバレーパーキングサービスおよび走行練習場を提供するに当たり、オーナー、パートナーおよび当社の権利義務関係を定めることを目的とします。
2. 本規約で使用される用語は、本規約において特段の定義があるほかearthID会員規約( https://toku-p.earth-car.comに掲載された最新のもの)と同じ意味をもつものとします。



第1.2条(定義)
本規約に用いる用語の定義は、各条項で定めるほか、次のとおりとします。
(1) 本サービス
駐車場等シェアリング情報提供サービス「特P」
(2) 本サービスサイト等
本サービスに係るWebサイトおよびアプリケーション等
(3) 登録駐車場
本サービスに登録された駐車場
(4) バレーパーキングサービス
オーナーが利用会員に対して提供するサービスであって、オーナーが、利用会員の車両を預かり、当該車両をオーナーが指定する保管場所まで移動して保管し、利用会員が指定した返却時刻において返却するサービス
(5) 走行練習場
本サービスに登録されたバイク等当社が認めた車両を対象とした練習場
(6) 当社
株式会社アース・カー
(7) 利用会員
本サービスに基づき登録駐車場、バレーパーキングサービスまたは走行練習場の利用を申し込む会員
(8) パートナー
当社と提携して本サービス向けに駐車場シェアリング情報、バレーパーキングサービスに関する情報および走行練習場に関する情報を提供する会員であって、契約要項の「パートナー」欄に定める者。 なお、当社が「パートナー」欄に記載されているときは、当社がパートナーの地位を併有します。
(9) オーナー
本サービス向けに登録駐車場、バレーパーキングサービスまたは走行練習場を提供する会員


第2章 オーナーの登録


第2.1条(オーナー契約)
1. 本サービス向けに登録駐車場を提供するオーナーになろうとする者は、会員規約の定めに基づき会員登録を行ったうえ、当社所定の方法で、本サービス向けに登録駐車場を提供するオーナーとしての登録を申し込むことができるものとします。
2. バレーパーキングサービスを提供するオーナーになろうとする者は、会員規約の定めに基づき会員登録を行ったうえ、本規約を承認して当社所定の方法で、バレーパーキングサービスを提供するオーナーとしての登録を申し込むことができるものとします。また、バレーパーキングサービスを提供するオーナーとなろうとする者は、バレーパーキングサービスを提供するオーナーとしての登録を申し込むに先立って、当社が定める基準以上の賠償責任保険に加入することとし、当該登録申込みの際に、当該賠償責任保険に係る保険証券の写しを、当社所定の方法で、パートナーおよび当社に対して提出するものとします。
3.走行練習場を提供するオーナーになろうとする者は、会員規約の定めに基づき会員登録を行ったうえ、本規約を承認して当社所定の方法で、走行練習場を提供するオーナーとしての登録を申し込むことができるものとします。
4.パートナーは、オーナーとなろうとする者がオーナーとして不適当と認める場合、オーナーの登録を認めないことができ、オーナーとなろうとする者はこれに異議を述べることはできないものとします。この場合、パートナーはその理由を開示する義務を負わないものとします。
5. パートナーが駐車場を提供するオーナーの登録を認めた場合、オーナー、パートナーおよび当社の間に、本規約に定める内容による駐車場の提供に関するオーナー契約が成立するものとします。
6. パートナーがバレーパーキングサービスを提供するオーナーの登録を認める場合、当社所定の方法で、当社に対して、当該オーナーをバレーパーキングサービスを提供するオーナーとして登録することの可否について確認を求めるものとします。
当社は、パートナーからのかかる求めを受けて、当該オーナーをバレーパーキングサービスを提供するオーナーとして登録することの可否について判断し、その結果を当該パートナーに通知します。当社は、当該オーナーをバレーパーキングサービスを提供するオーナーとして登録することを認めない場合であっても、パートナーおよびオーナーに対して、その理由を開示する義務を負わないものとします。
7. 当社がバレーパーキングサービスを提供するオーナーの登録を認めた場合、オーナー、パートナーおよび当社の間に、本規約に定める内容によるバレーパーキングサービスの提供に関するオーナー契約が成立するものとします。
8.パートナーが走行練習場を提供するオーナーの登録を認める場合、当社所定の方法で、当社に対して、当該オーナーを走行練習場を提供するオーナーとして登録することの可否について確認を求めるものとします。当社は、パートナーからのかかる求めを受けて、当該オーナーを走行練習場を提供するオーナーとして登録することの可否について判断し、その結果を当該パートナーに通知します。当社は、当該オーナーを走行練習場を提供するオーナーとして登録することを認めない場合であっても、パートナーおよびオーナーに対して、その理由を開示する義務を負わないものとします。
9.当社が走行練習場を提供するオーナーの登録を認めた場合、オーナー、パートナーおよび当社の間に、本規約に定める内容による走行練習場の提供に関するオーナー契約が成立するものとします。


第2.2条(届出情報の変更)
1. オーナーが登録時にパートナーに届け出た事項に変更が生じた場合、オーナーは、直ちに、所定の方法により、パートナーに届け出るものとします。
2. 前項の届出が行われなかった(届出が遅滞しまたは不正確であった場合を含みます。)ことにより、パートナーからの連絡、通知、 請求等がオーナーに到達せずまたは遅延するなどした結果、オーナーに損害が生じても、パートナーおよび当社は何らの責任も負わないものとします。


第2.3条(オーナーの遵守事項)
オーナーは、本規約に別途定めるもののほか、本サービスの利用にあたり、次の事項を遵守するものとします。
(1) 特Pの標章と類似しまたは混同しうる標章を使用しないこと。
(2) 特Pの標章と類似しまたは混同しうる商標の出願をしないこと。
(3) 本サービスについて広告宣伝を行う場合の広告物、外部に提示・開示する営業資料、印刷物(Web、紙、看板等形式は問わないものとします。)等は事前にパートナーまたは当社の承認を得ること。
(4) 本サービスについて検索連動広告その他の会員が本サービスサイト等と混同しうる広告媒体への掲載をしないこと。
(5) 「特P」の標章を使用する場合は事前に当社の承認を得ること。
(6) 本サービスの運営・提供にあたり、当社所定の各ガイドラインその他の定めに従うこと。
(7) 会員との間でトラブルが生じたときはパートナーおよび当社と早期解決に向けて努力および協力すること。
(8) 会員の個人情報は適切に管理し、漏洩防止のために適切な措置を取ること。また、法令に定めのある場合を除き、本人の同意なく第三者に会員の個人情報を開示しないこと。
(9) 本サービスの運営・提供にあたり、正当な権限を有していること。



第3章 駐車場等の登録


第3.1条(駐車場等の登録)
1. オーナーは、駐車場を提供する場合には、それに先立って、本サービスサイト等において、当社所定の方法により、登録駐車場を登録するものとします。登録は、駐車場内の一部の車室についても行うことができます。
2. オーナーは、バレーパーキングサービスを提供する場合には、それに先立って、本サービスサイト等において、当社所定の方法により、バレーパーキングサービスの提供について登録するものとします。
3.オーナーは、走行練習場を提供する場合には、それに先立って、本サービスサイト等において、当社所定の方法により、走行練習場の提供について登録するものとします。
4.登録駐車場について登録すべき情報は、次のとおりとします。
(1) 駐車場の名称
(2) 駐車場の場所
(3) 駐車場の写真
(4) 駐車場の寸法(メートル単位)
(5) 駐車可能な車両の種類または駐車不可能な車両の種類
(6) 駐車場の貸出期間
(7) 駐車場の車室数
(8) 駐車場の車室番号
(9) 駐車場の利用料
(10) 利用会員が駐車場を利用するにあたっての利用条件、留意すべき事項
(11) 駐車場を自らまたは第三者が利用することがあるときは、その旨
(12) 前各号のほか当社が定める事項
5.バレーパーキングサービスの提供について登録すべき情報は次のとおりとします。
(1) バレーパーキングサービスに係る車両の受渡場所(以下「車両の受渡場所」といいます。)
(2) 車両の受渡場所の写真
(3) 車両の保管場所の写真
(4) 受入れ可能な車両の寸法
(5) 保管可能な車両の種類または駐車不可能な車両の種類
(6) 保管期間
(7) 保管可能な車両の台数
(8) バレーパーキングサービスの利用料
(9) 車両の受入れを行うことが可能な時間帯
(10) 車両の返却を行うことが可能な時間帯
(11) 利用会員がバレーパーキングサービスを利用するにあたっての利用条件、留意すべき事項
(12) 車両の保管場所を自らまたは第三者が利用することがあるときは、その旨
(13) 前各号のほか当社が定める事項
6.走行練習場の提供について登録すべき情報は次のとおりとします。
(1) 走行練習場の名称
(2) 走行練習場の場所
(3) 走行練習場の写真
(4) 走行練習場の寸法(メートル単位)
(5) 走行可能な車両の種類または走行不可能な車両の種類
(6) 走行練習場の営業時間及び貸出可能な時間
(7) 走行練習場の利用料
(8) 利用会員が走行練習場を利用するにあたっての利用条件、留意すべき事項
(9) 走行練習場を自らまたは第三者が利用することがあるときは、その旨
(10)前各号のほか当社が定める事項
7. オーナーは、駐車場またはバレーパーキングサービスおよび走行練習場の登録をするにあたり、以下に掲げる事項を遵守するものとします。
(1) 駐車場の提供を行う場合には、登録する情報を駐車場の実態に合った正確なものとすること、バレーパーキングサービスの提供を行う場合は、 登録する情報を提供するバレーパーキングサービスの実態に合った正確なものとすること、また、走行練習場の提供を行う場合は、登録する情報を走行練習場の実態に合った正確なものとすること。
(2) 登録する情報を利用会員にとって分かりやすいものとすること。
(3) 駐車場の提供を行う場合には、駐車場利用料を駐車場の場所・時期等に応じた適正なものとすること、また、バレーパーキングサービスの提供を行う場合には、バレーパーキングサービス利用料を、 車両の受渡場所・車両の保管場所・時期等に応じた適正なものとすること。また、走行練習場の提供を行う場合には、走行練習場利用料を走行練習場の場所・時期等に応じた適正なものとすること。
(4) 当社所定の各ガイドラインその他の定めに従うこと。
8. オーナーは、以下に掲げる事由に該当する場合は、登録駐車場またはバレーパーキングサービスにおける車両の保管場所として登録をすることができません。
(1) 車両を毀損、汚損するおそれのある施設、動植物、保管物、突起物、障害物、舗装、段差等が、駐車場を提供する場合の当該駐車場内もしくはバレーパーキングサービスを提供する場合の 車両の保管場所内またはそれらに隣接して存在する場合。
(2) 駐車場を提供する場合の駐車場またはバレーパーキングサービスを提供する場合の車両の保管場所として用いるための十分なスペースがない場合。
(3) 駐車場を提供する場合の駐車場またはバレーパーキングサービスを提供する場合の車両の保管場所として用いることについて近隣の反対がある場合。
(4) 本サービスと同種のサービスに既に提供・登録している場合(同一の駐車場または車両の保管場所内の一部の車室について本サービスと同種のサービスに既に提供・登録している場合において、 他の車室を本サービスに登録するときを除きます)。ただし、パートナーおよび当社が認めた場合はこの限りではないものとします。
(5) 前各号のほか、パートナーまたは当社が不適切と判断する場合。
9. オーナーは、以下に掲げる事由に該当する場合は、走行練習場として登録をすることができません。
(1) 車両を毀損、汚損するおそれのある施設、動植物、保管物、突起物、障害物、舗装、段差等が、走行練習場内または走行練習場に隣接して存在する場合。
(2)走行練習場を提供するための十分なスペースがない場合。
(3)走行練習場を提供することについて近隣の反対がある場合。
(4) 前各号のほか、パートナーまたは当社が不適切と判断する場合。
10. オーナーによる駐車場の登録および登録情報の変更は、パートナーの審査を要するものとします。
11.オーナーは、バレーパーキングサービスの提供に関する登録および登録情報を変更した場合、直ちにパートナーにその旨を通知するものとします。オーナーによる当該変更は、パートナーの審査により不可とされる場合があり、その場合、オーナーは直ちにパートナーの指示に従って当該登録内容を是正するものとします。
12.オーナーは、走行練習場の提供に関する登録および登録情報を変更した場合、直ちにパートナーの指示に従って当該登録内容を是正するものとします。


第3.2条(登録情報の管理)
1. オーナーは、駐車場を提供する場合には登録駐車場の、バレーパーキングサービスを提供する場合にはバレーパーキングサービスの、走行練習場を提供する場合には走行練習場の登録情報を、適切に管理・更新しなければならないものとします。オーナーが当該管理・更新を怠ったことによって会員その他の第三者に生じた損害・トラブルは、オーナーの責任および負担において対処するものとし、パートナーおよび当社は何らの責任も負わないものとします。
2. パートナーは、駐車場を提供するオーナーが登録した駐車場の写真、バレーパーキングサービスを提供するオーナーが登録した車両の受渡場所の写真、または走行練習場を提供するオーナーが登録した走行練習場の写真が当社所定の各ガイドラインに適合しない場合、当該情報を当社所定の各ガイドラインに適合するように加工することができるものとし、オーナーはこれに異議を述べないものとします。
3. パートナーは、駐車場を提供するオーナーが登録した登録駐車場、バレーパーキングサービスを提供するオーナーが登録したバレーパーキングサービスまたは走行練習場を提供するオーナーが登録した走行練習場の登録情報が誤りまたは不適切であると判断した場合、オーナーに対し、登録情報の是正を求めることができ、オーナーはパートナーの求めに直ちに応じるものとします。
4. オーナーが前項の要請に応じない場合または緊急の必要がある場合、パートナーは、登録情報の変更、追加、削除、登録駐車場、バレーパーキングサービスまたは走行練習場の登録取消し、一時停止等の措置を講じることができるものとします。オーナーは、パートナーによる当該措置について、異議を述べることはできないものとします。
5. パートナーは、駐車場を提供するオーナーに対し、必要に応じて登録駐車場および登録駐車場の外観、内観、周囲の状況、管理状況等について資料の提供を求めることができ、オーナーはこれに協力するものとします。また、パートナーは、バレーパーキングサービスを提供するオーナーに対し、必要に応じてバレーパーキングサービスおよび車両の受渡場所の外観、内観、周囲の状況、管理状況等について資料の提供を求めることができ、オーナーはこれに協力するものとします。また、パートナーは、走行練習場を提供するオーナーに対し、必要に応じて走行練習場および走行練習場の外観、内観、周囲の状況、管理状況等について資料の提供を求めることができ、オーナーはこれに協力するものとします。


第3.3条(オーナーによる登録駐車場等の抹消・掲載停止)
オーナーは、いつでも、当社所定の方法で、駐車場を提供するオーナーが登録した登録駐車場、バレーパーキングサービスを提供するオーナーが登録したバレーパーキングサービスまたは走行練習場を提供するオーナーが登録した走行練習場の登録を抹消し、またはオーナーが必要と認める期間本サービスサイト等への掲載を停止することができます。ただし、既に予約がなされている場合は、この限りではないものとします。


第3.4条(パートナーによる登録駐車場の取消しおよび一時停止)
第3.1条第8項各号に定める事由のいずれかに該当する場合またはオーナーが本規約の定めに違反する場合、パートナーはオーナーに対する何らの通知催告を要することなく、駐車場を提供するオーナーの場合にはその登録する登録駐車場(第3.1条第8項各号に定める事由のいずれかに該当する登録駐車場または本規約違反に係る登録駐車場に限られないものとします。 以下、本条において同じとします。)、バレーパーキングサービスを提供するオーナーの場合にはその登録するバレーパーキングサービス (第3.1条第8項各号に定める事由のいずれかに該当する車両の保管場所または本規約違反に係る車両の保管場所に限られないものとします。以下、本条において同じとします。)および走行練習場を提供する オーナーの場合にはその登録する走行練習場(第3.1条第9項各号に定める事由のいずれかに該当する走行練習場または本規約違反に係る走行練習場に限られないものとします。以下、本条において同じとします。)の登録を取り消し、または、本サービスサイト等における登録駐車場、バレーパーキングサービスまたは走行練習場の掲載をパートナーが必要と認める期間停止することができるものとします。


第3.5条(転載)
当社はオーナーおよびパートナーの許諾を得ることなく登録駐車場、バレーパーキングサービスにおける車両の受渡場所または走行練習場の写真その他の登録情報を本サービスサイト等以外のWebサイト等に転載することができるものとします。



第4章 登録駐車場等の利用予約


第4.1条(利用予約)
1. 利用会員から、登録駐車場またはバレーパーキングサービスおよび走行練習場について利用予約の申込みがなされたときは、本サービスサイト等は自動的に当該会員に予約完了の通知を発信します。
2. 前項の定めにかかわらず、オーナーは、当社所定の方法をとることにより、利用会員による利用予約の申込みについて自ら承諾するか否かを選択することができます。この場合、オーナーが利用会員による利用予約の申込みについて承諾した時点で、本サービスサイト等から利用会員に対し、予約完了の通知を発信します。オーナーが利用会員による利用の申込みから24時間以内に承諾するか否かを選択しなかったときは、当該申込みについて承諾しなかったものとみなします。
3. 第1項または第2項により、予約完了の通知が発信された時点で、利用会員が利用予約を行った時点における特P駐車場利用規約の内容で、オーナーと利用会員との間で、登録駐車場についての利用の予約契約、バレーパーキングサービスの利用の予約契約または走行練習場の利用の予約契約が成立するものとします。
4. 前項の予約契約に基づく登録駐車場の利用契約、バレーパーキングサービスの利用契約または走行練習場の利用契約は、利用会員が利用予約を行った利用期間の開始時点で、利用会員が利用予約を行った時点における特P駐車場等利用規約の内容で、オーナーと利用会員との間で成立するものとします。
5. オーナーは、パートナーおよび当社の承諾なく、利用会員との間の予約契約または利用契約の内容を変更することができないものとします。


第4.2条(オーナーの業務)
1.オーナーは、バレーパーキングサービスにおいて、次の手順により車両を預かるものとします。
(1) オーナーは、オーナーが指定するバレーパーキングサービスに係る車両の受渡場所にて、利用会員または利用会員が利用予約において指定した第三者(以下両者を併せて「利用会員等」といいます。)から車両および当該車両の鍵を預かります。
(2) オーナーは、利用会員等から車両を預かるに際して、当社所定の方法で利用会員等の本人確認を行っていただきます。
(3) オーナーは、利用会員等から車両を預かるに際して、当該車両について特殊な操作を要するか否かを利用会員等に確認し、特殊な操作を要する場合には、当該操作方法に従って事前にオーナーの指定するスタッフに伝えます。
(4) オーナーは、利用会員等から車両を預かるに際して、利用会員等とともに車内および車外の確認を行います。当該確認の結果、当該車両に関して、利用会員等との間で紛議が生じうる車両の損傷等が発見された場合、当社所定の方法で損傷等に関する記録を残すものとします。オーナーは、利用会員等が当社所定の方法で当該損傷についてバレーパーキングサービスの利用前の損傷等であることを認めない場合、バレーパーキングサービスの利用を拒否するものとします。
(5) オーナーは、利用会員等に対して、スタッフからまたは本サービスサイト等を通じて当該車両の預り証(電磁的記録の場合も含み、以下「預り証」といいます。)を交付します。
2.オーナーは、バレーパーキングサービスにおいて、次の手順により車両の保管を行います。
(1) オーナーは、前項に基づき預かった車両を運転することで、当該車両を登録済みの車両保管場所に移動します。
(2) オーナーは、前項に基づき預かった車両を登録済みの車両保管場所にて保管します。
3.オーナーは、バレーパーキングサービスにおいて、次の手順により車両の返却を行います。
(1) オーナーは、利用会員が利用予約の際に指定した返却時間(以下「返却時間」といいます。)にあわせて車両を保管場所から車両の受渡場所へ移動します。オーナーは、利用会員等から、返却時間よりも前にバレーパーキングサービスの利用を終了する旨の申出を受けた場合には、速やかに当該車両を保管場所から車両の受渡場所へ移動します。
(2) オーナーは、車両の受渡場所において、利用会員等から車両の返却の申入れを受けた場合には、預り証の提示を求め、利用会員等本人であることを確認します。利用会員等が預り証を紛失した場合は、バレーパーキングサービスの利用予約に係る予約完了メールまたは予約完了画面を提示していただくとともに、当社所定の本人確認のための書類を提示していただき、当該書類についてのコピーおよび当該利用会員等のご連絡先の保管をします。
(3) オーナーは、車両の受渡場所にて利用会員等に車両および当該車両の鍵を返却します。
(4) オーナーは、車両の返却の際、車両の受渡場所で利用会員とともに車両の内外を確認し、何らかの損失または損害が認められた場合、当該損失または損害がオーナーの責めに帰すべき事由に基づくものであるときは、オーナーが利用会員等に対して当該損失または損害の相当額を補償するものとし、当社は何らの責任を負いません。
4.オーナーは、走行練習場において、次の業務を行うものとします。
(1) オーナーは、利用会員等が走行練習場を適切に利用しているかどうかを確認するものとします。
(2) オーナーは、利用会員等の利用終了後に走行練習場の原状回復がなされているかどうかをすみやかに確認するものとします。確認を怠った場合、また、すみやかに行わなかった場合には、原状回復がなされていない事実が発覚したとしても、利用会員にはペナルティ料金および諸費用等を請求できない場合があり、これについてパートナーおよび当社は一切責任を負わないものとします。
(3) オーナーは、走行練習場と登録駐車場を同場所で運営する場合には、利用会員等に分かるようにそれぞれの境界線をコーン等で明確に分けるものとします。
(4) オーナーは、前各号のほか、当社が必要と判断した業務を行うものとします。
5. オーナーは、利用会員等との間で損害が発生した場合、損害賠償はオーナーと利用会員との間で直接行うものとします。


第4.3条(オーナーによる登録駐車場等の自己利用)
1. オーナーは、自らが提供する登録駐車場、バレーパーキングサービスまたは走行練習場を利用するときは、当社所定の手続をとるものとします。この手続が遅滞したことによって会員その他の第三者に生じた損害・トラブルはオーナーの責任および負担において対処するものとし、パートナーおよび当社は何らの責任も負わないものとします。
2. オーナーが、自らが提供する登録駐車場、バレーパーキングサービスまたは走行練習場を利用する場合において、前項に定める当社所定の手続をとらずに、自ら利用予約を行ったときは、駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料または走行練習場利用料が発生するものとします。


第4.4条(オーナーによる利用予約の取消し)
1. オーナーは、自己の都合により利用会員の利用予約を取消すことはできないものとします。
2. オーナーは、自己の都合により、やむを得ず利用会員の利用予約を取消せざるを得ない場合、利用会員に対し、利用ができなかった駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料および走行練習場利用料相当額を限度に賠償するとともに、契約要項に定めるペナルティ料金を当社に支払うことで、利用会員の利用予約を取消すことができるものとします。



第5章 駐車場等の管理等


第5.1条(駐車場等の管理)
1. 駐車場および走行練習場を提供するオーナーは、自らの責任と負担において、自ら登録した登録駐車場および走行練習場の維持・管理を行い、登録駐車場および走行練習場を適切に本サービスの用に供するものとします。バレーパーキングサービスを提供するオーナーは、自らの責任と負担において、自ら登録したバレーパーキングサービスの内容に従って、善良な管理者としての注意をもって、適切にバレーパーキングサービスを提供するとともに、車両の保管場所を適切に維持・管理します。
2. バレーパーキングサービスを提供するオーナーは、善良な管理者としての注意をもって、利用会員等から預かった車両の移動および保管をします。
3.駐車場および走行練習場を提供するオーナーは、登録駐車場および走行練習場の維持・管理に関し、利用会員との間でトラブルを生じたときは、速やかにこれをパートナーに報告するとともに、オーナーとパートナーが協力して早期解決に努めるものとします。バレーパーキングサービスを提供するオーナーは、バレーパーキングサービスの利用に関し、利用会員等との間でトラブルを生じたときは、速やかにこれをパートナーに報告するとともに、オーナーとパートナーが協力して早期解決に努めるものとします。
4. パートナーは、駐車場および走行練習場を提供するオーナーの登録駐車場および走行練習場の維持・管理またはバレーパーキングサービスを提供するオーナーのバレーパーキングサービスの維持・管理が不適切であると判断した場合、オーナーに対し、その是正を求めることができ、オーナーは直ちにこれに応じるものとします。
5. パートナーは、駐車場および走行練習場を提供するオーナーが前項の求めに応じない場合、会員に不利益を生じるおそれがある場合または緊急の必要性があるとパートナーが判断する場合、登録駐車場および走行練習場への立入り、登録駐車場および走行練習場の登録取消し、一時停止その他パートナーが必要と判断した一切の管理行為等を行うことができるものとします。この場合、オーナーは当該管理行為等に要した費用を負担するものとし、また、会員その他の第三者に生じた損害を賠償するものとします。パートナーは、バレーパーキングサービスを提供するオーナーが前項の求めに応じない場合、会員に不利益を生じるおそれがある場合または緊急の必要性があるとパートナーが判断する場合、車両の保管場所への立入り、バレーパーキングサービスの登録取消し、一時停止その他パートナーが必要と判断した一切の管理行為等を行うことができるものとします。この場合、オーナーは当該管理行為等に要した費用を負担するものとし、また、会員その他の第三者に生じた損害を賠償するものとします。
6. オーナーは、登録駐車場、バレーパーキングサービスまたは走行練習場における車両の受渡場所に監視カメラを設置する場合、当該登録駐車場、当該バレーパーキングサービスにおける車両の受渡場所および当該走行練習場において、監視カメラが作動中である旨を分かりやすく掲示するものとします。


第5.2条(禁止行為)
1.駐車場を提供するオーナーは、登録駐車場について、次の各号に定める行為をしてはならないものとします。
(1) 駐車車両を毀損、汚損するおそれのある施設、動植物、保管物、突起物、障害物、舗装、段差等を駐車場内または駐車場に隣接して設置する行為。
(2) 登録駐車場の円満な利用を妨げる行為。
(3) 第3.1条から第3.3条、第4.1条第2項および第5.1条に関する事項(駐車場の提供に係るものに限る。)を第三者に代行させる行為。ただし、当社の承諾がある場合はこの限りではないものとします。
(4) 前各号のほか、パートナーまたは当社が不適切と判断する行為。
2.オーナーは、バレーパーキングサービスに関して、次の各号に定める行為をしてはならないものとします。
(1) 利用会員等から預かった車両を毀損、汚損するおそれのある施設、動植物、保管物、突起物、障害物、舗装、段差等を駐車場内または駐車場に隣接して設置する行為。
(2) 利用会員等から預かった車両を毀損、汚損するおそれのある方法で当該車両を取り扱う行為。
(3) 利用会員等から預かった車両をバレーパーキングサービスの提供以外の目的で使用する行為。
(4) バレーパーキングサービスの円満な利用を妨げる行為。
(5) 第3.1条から第3.3条、第4.1条第2項、第4.2条、第5.1条に関する事項(バレーパーキングサービスの提供に係るものに限る。)を第三者に代行させる行為。ただし、パートナーまたは当社の承諾がある場合はこの限りではないものとします。
(6) 前各号のほか、パートナーまたは当社が不適切と判断する行為。
3.走行練習場を提供するオーナーは、走行練習場について、次の各号に定める行為をしてはならないものとします。
(1) 走行車両を毀損、汚損するおそれのある施設、動植物、保管物、突起物、障害物、舗装、段差等を走行練習場内または走行練習場に隣接して設置する行為。
(2) 走行練習場の円満な利用を妨げる行為。
(3) 第3.1条から第3.3条、第4.1条第2項および第5.1条に関する事項(走行練習場の提供に係るものに限る。)を第三者に代行させる行為。ただし、当社の承諾がある場合はこの限りではないものとします。
(4) 前各号のほか、パートナーまたは当社が不適切と判断する行為。


第5.3条(走行練習場における利用規約等の提出)
1.走行練習場を提供するオーナーは、既に提供する走行練習場に「特P駐車場等利用規約」とは異なる利用会員等が遵守すべき利用規約・遵守事項等(名称は問いません)がある場合は、当社に当該規約を提出するものとし、当社は本サービスサイト等に当該規約を掲載し、利用会員に掲示するものとします。
2.本規約と当該規約との間において、相互に矛盾する内容がある場合には、当社が別に定めない限り、本規約が優先して適用されるものとします。
3.走行練習場を提供するオーナーは、当該規約を改訂時にもすみやかに当社に提出するものとしますが、当社が本サービスサイト等に改訂後の当該規約を掲載するまでは、改訂前の当該規約が有効であり、また、当該規約の改訂前に予約した利用会員等は改訂前の当該規約を遵守することにオーナーは承諾するものとします。
4.当該規約の掲載が遅延したことによってオーナーに損害が生じたとしても、当社は何らの責任も負わないものとします。
5.当該規約の掲載を行ったとしても、利用会員等が必ず当該規約を遵守することを当社は保証しないものとし、利用会員等が当該規約を遵守しなかったことによりオーナーに損害が生じたとしても、当社は何らの責任も負わないものとします。



第6章 オーナー売上割合および支払方法等


第6.1条(当社への代理受領権限の付与)
1. オーナーは、利用会員がオーナーに対して支払うべき駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料、走行練習場利用料その他本サービスに関連してオーナーに対して支払義務が発生した一切の債務について、パートナーに代理受領権限を付与するものとし、また、当該パートナーは、当社に対して当該代理受領権を再付与するものとし、パートナーおよびオーナーはこれを承諾するものとします。当該代理受領権限は、パートナーおよび当社の承諾のない限り、取り消すことができないものとします。
2. 前項の代理受領権限の付与は、パートナーおよび当社が利用会員からの回収を保証するものではなく、利用会員が任意に支払わないときは、オーナーが自らの責任と費用で会員から回収するものとします。
3. 前項の定めに基づきオーナーが自ら回収したときは、オーナーは速やかにパートナーおよび当社に報告するものとし、三者間で債権債務の精算を行うものとします。


第6.2条(オーナー売上割合)
1. 当社が利用会員から駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料または走行練習場利用料の支払いを受け、かつ、パートナーが当社から当該駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料または走行練習場利用料を受領したときは、パートナーはオーナーに対し、当該駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料または走行練習場利用料に契約要項所定のオーナー売上割合を乗じた金額(以下「オーナー売上金額」といいます。)を支払うものとします。なお、パートナーが当社に支払う料金については、パートナーと当社との間の特Pパートナー規約の定めによるものとします。
2. オーナーは当社に対し、当社が前条第1項に基づき利用会員から受領した駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料または走行練習場利用料を直接オーナーに引き渡すことを求めることはできないものとします。ただし、当社とパートナーの間で、当社が前条第1項に基づき利用会員から受領した駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料および走行練習場利用料を直接オーナーに引き渡す旨の合意がなされた場合、当社は当該利用料を直接オーナーに引き渡すことができるものとし、オーナーはこれを承諾するものとします。
3. 第1項の定めに基づきパートナーがオーナーに支払うべき金額をパートナーがオーナーに支払わず、または、支払が遅延したことによってオーナーに損害が生じたとしても、パートナーの費用と責任において対処するものとし、当社は何らの責任も負わないものとします。


第6.3条(ポイントおよびクーポン)
オーナーは、当社が定めるポイント規程に基づきポイントおよびクーポン相当額を負担するものとします。


第6.4条(支払方法)
1. 会員が支払った駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料および走行練習場利用料についてのパートナーからオーナーへの支払方法は、契約要項に定めるとおりとします。ただしパートナーとオーナーとの間で別段の合意があり、かつ当社が認めた場合は支払方法を変更できるものとします。また、振込に要する費用はオーナーが負担するものとします。
2. パートナーがオーナーに駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料または走行練習場利用料を支払わず、または、支払が遅延したことによってオーナーに損害が生じたとしても、当社は何らの責任も負わないものとします。


第6.5条(相殺)
1. パートナーは、本サービスに関しオーナーに対する金銭債権を有する場合、オーナーのパートナーに対する金銭債権といつでも相殺することができるものとします。
2. 当社は、本サービスに関しオーナーに対する金銭債権を有する場合、オーナーの当社に対する金銭債権といつでも相殺することができるものとします。



第7章 本サービスの変更、中止・中断


第7.1条(本サービスの変更)
オーナーは、本サービスが随時アップデートされるものであることを承諾し、アップデートに伴う機能の改廃について異議を述べることはできないものとします。 また、当社は、機能が維持されることについて保証しないものとします。


第7.2条(本サービスの提供の中止・中断)
1.当社は、次の各号に定める事由のいずれかの事由がある場合には、オーナーに対する通知なく、本サービスの全部または一部の提供を中止または一時的に中断することができるものとします。
(1) 本サービスを提供するためのシステム、ソフトウエア、サーバー等の保守・更新等を行う場合。
(2) 本サービスを提供するためのシステムに過大な負荷がかかり、または不正アクセス等によりセキュリティ上の問題があると当社が判断した場合。
(3) 火災、停電、地震その他天災により本サービスの提供が困難となった場合。
(4) 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供が困難となった場合。
(5) 前各号のほか、運用上または技術上、本サービスの提供の中止または一時的な中断が必要と当社が判断した場合。
2.前項の本サービスの提供の中止または一時的中断について、パートナーおよび当社は何らの責任も負わないものとします。
3.当社は、本サービスの内容および本サービスの提供に付帯して行う各種優待、割引、キャンペーンその他の施策について随時変更することができるものとします。 また、パートナーおよび当社は、本サービスの適法性、有用性、不具合が生じないことについて保証しないものとします。



第8章 当社による指導・監督等


第8.1条(当社による指導・監督等)
当社は、自ら必要と認めるときは、オーナーに対し直接指導・監督することができ、また、本規約に基づくパートナーのオーナーに対する権利をパートナーに代わって行使することができるものとし、パートナーおよびオーナーはこれに協力するものとします。 当社による指導・監督または権利の行使によりオーナーまたはパートナーに損害が生じても、当社は何らの責任も負わないものとします。


第8.2条(ガイドライン等)
オーナーは、登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場の登録情報の管理その他の事項について、本規約の定めのほか、当社所定の各ガイドラインその他の定めを遵守しなければならないものとします。 当社は、当社所定の各ガイドラインその他の定めを随時変更することができ、当該変更は、当社が当該変更を当社所定の方法で公表またはオーナーに通知した時に効力を生ずるものとします。



第9章 契約期間、解除等


第9.1条(契約期間)
オーナー契約の有効期間は、契約成立の日から3年間とします。 ただし、当該期間満了前6ヶ月前までにオーナーおよびパートナーのいずれからも別段の意思表示がない限り、同一条件をもって更に3年間継続するものとし、その後も同様とします。


第9.2条(中途解約)
1. オーナーはオーナー契約の有効期間中であっても自己の都合により2ヶ月前に書面で予告することによりオーナー契約を解除することができるものとします。 ただし、会員の予約が入っている場合はその予約が終了しない限り解約することができないものとします。
2. 前項の解約については、違約金は発生しないものとします。


第9.3条(解除)
1. オーナーが、次の各号に定める事由のいずれかに該当するときは、パートナーはオーナーに対する何らの通知催告を要することなく、オーナー契約を解除することができるものとします。
(1) 本規約その他の本サービスに関する規約に定める義務に違反したとき。
(2) 自らまたは第三者をして、偽計もしくは威力を用いてパートナーまたは他の会員の業務および本サービスの運用を妨害したとき。
(3) 自らまたは第三者をして、パートナーもしくは他の会員の信用を毀損する行為を行い、または、パートナーもしくは他の会員に著しい迷惑をかける行為を行ったとき。
(4) パートナーからの問い合わせその他回答を求める連絡に対し30日間以上回答がないとき、または当該連絡が不達となったとき。 (5) 後見開始、保佐開始、または、補助開始の審判を受けたとき。
(6) 監督官庁より営業の許可取消し、停止等の処分を受けたとき。
(7) 支払停止もしくは支払不能の状態に陥ったとき、または、手形もしくは小切手が不渡りとなったとき。
(8) 差押え、仮差押え、仮処分もしくは競売の申立て、または、公租公課の滞納処分を受けたとき。
(9) 破産手続、民事再生手続、会社更生手続または特別清算開始の申立てが行なわれたとき。
(10) 解散(合併による場合を除きます。)し、または、事実上その営業を休止もしくは停止したとき。
(11) 資産または信用状態に重大な変化が生じ、本規約に定めるオーナーの義務の履行が困難になる恐れがあると当社が認めたとき。
(12) 反社会的勢力であること、または、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していることが判明したとき。
(13) オーナーの会員資格が取り消される事由があるとき。
(14) その他、本サービスの利用の継続が不適当であると当社が認めたとき。
2. 前項の場合、オーナーは、パートナーから何らの通知催告を要せず、パートナーに対する債務があればその一切の債務について期限の利益を喪失するものとし、直ちにすべての債務を一括して弁済するものとします。
3. 第1項に定める解除によってオーナーが被った損害について、パートナーおよび当社は何らの責任も負わないものとします。
4. パートナーは、オーナーに対し、第1項に定める事由の有無を確認することができ、オーナーはこれに協力するものとします。


第9.4条(契約終了時の取扱い)
1. オーナー契約が終了した場合、その終了の原因の如何を問わず、オーナーは、本サービスに関する一切の看板、標識、資料等を廃棄またはパートナーに返還するものとします。
2. オーナー契約が終了した場合、その終了の原因の如何を問わず、オーナーは本サービスに関連して掲載・出稿している広告(WebサイトやSNS上の広告を含みます。)および本サービス専用に開設したWebサイト、ブログおよびSNS等をすみやかに削除するものとします。
3. オーナー契約が終了した場合、その終了の原因の如何を問わず、既になされた予約および本規約その他本サービスに関する規約上の債権債務には影響を及ぼさないものとします。



第10章 雑則


第10.1条(知的財産権)
本サービスおよび本サービスサイト等に係る著作権等の知的財産権(第3.1条の定めによりオーナーが登録した駐車場の写真、バレーパーキングサービスにおける車両の受渡場所および車両の保管場所の写真、 走行練習場の写真その他の登録情報に係る知的財産権を含みます。)は、全て当社に帰属するものとし、 オーナーおよびパートナーは、駐車場の登録、バレーパーキングサービスの登録、走行練習場の登録その他本サービスの利用に当たって、何らの知的財産権の付与を受けるものではありません。


第10.2条(秘密保持)
オーナーは、本契約について知りえたパートナーおよび当社の営業上若しくは業務上の一切の情報(以下「秘密情報」といいます。)を秘密保持し、相手方の承諾ある場合を除き、第三者に開示もしくは漏洩し、また本サービス以外の目的に使用してはならないものとします。ただし、以下の場合には、本条に定める秘密情報とはならないものとします。
(1) 相手方から開示された時点で、既に公知となっていたもの
(2) 相手方から開示された後で、自らの責めに帰すべき事由によらず公知となったもの
(3) 相手方から開示された時点で、既に自ら保有していたもの
(4) 正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負わずに開示されたもの


第10.3条(免責)
1. 本規約および本サービスに関するその他の規約に特段の定めがある場合を除き、パートナーおよび当社がオーナーに対して負担する損害賠償は、オーナーが直接かつ現実に被った通常損害に限るものとし、その額は、パートナーおよび当社の各々について、駐車場の提供に関連する損害の場合には、当該損害の発生日(複数日にわたるときはその最初の日)までの直近6カ月間に当該オーナーの登録駐車場についての駐車場利用料および走行練習場についての走行練習場利用料からそれに対応するオーナー売上金額を控除した額を、バレーパーキングサービスの提供に関連する損害の場合には、当該損害の発生日(複数日にわたるときはその最初の日)までの直近6カ月間に当該オーナーのバレーパーキングサービスについてのバレーパーキングサービス利用料からそれに対応するオーナー売上金額を控除した額を限度とします。
2. パートナーおよび当社は、本サービスサイト等にコンピュータウイルス等有害なものが含まれていないことについて、保証しないものとします。また、コンピュータウイルス等有害なものが含まれていたことにより生じた損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
3. 当社は、本サービスサイト等にリンク・バナー等のある本サービスサイト等以外のWebサイトまたはアプリケーション等の利用によってオーナーが被った損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
4. パートナーおよび当社は、オーナーが外部SNSサービスと連携しログインするソーシャルログイン時に外部SNSサービスと連携できなかったことにより生じた損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
5. 当社は、本サービスサイト等におけるオーナーの誤操作、誤選択その他の人為的過誤に起因して会員が被った損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
6. パートナーおよび当社は、オーナーが当社の定めるガイドラインに違反したことによりオーナーに生じた損害については、オーナーに対して一切の責任を負わないものとします。
7. オーナーと利用会員との間で紛争が生じた場合、パートナーおよび当社は一切の責任を負わないものとします。
8. パートナーおよび当社は、あくまでプラットフォームの提供のみであり、オーナーに対する営業支援を行わなかったことにより生じた損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
9. パートナーおよび当社は、システムの不具合、コールセンターの対応ミス等により、登録駐車場の貸出ができなかった、また、本来受領すべき利用料等を回収できなかったことによりオーナーに生じた損害については、オーナーに対して一切の責任を負わないものとします。
10.パートナーおよび当社は、パートナーまたは当社からの連絡、システムからの通知、システム上への掲示等の手段を用いてオーナーへ通達したにもかかわらず、オーナーに生じた損害については、オーナーに対して一切の責任を負わないものとします。


第10.4条(パートナーまたは当社に対する損害賠償)
オーナーが、オーナー契約に違反するなどしてパートナーまたは当社に損害を与えた場合には、各相手方に対し、損害を賠償するものとします。


第10.5条(パートナーおよび当社のサポート範囲)
1. パートナーおよび当社は、あくまでプラットフォームの提供のみであり、オーナーに対するいかなる営業支援も行わないものとします。ただし、パートナーとオーナーとの間で別段の合意がある場合は、これに限らないものとします。
2. パートナーまたは当社は、オーナーの代理として利用会員からの問合せに対応するため、コールセンター業務を行うことができるものとします。なお、対応時間・業務範囲は契約要項に定めるものとします。


第10.6条(パートナーおよび当社への権限の委任)
1. オーナーはパートナーに対し、以下の各号に定める権限を委任するものとします。
(1) オーナーが撮影した駐車場等の写真を加工および本サービスサイト等に掲載する権限
(2) 前号のほか、本サービスに関連する権限
2. オーナーは当社に対し、以下の各号に定める権限を委任するものとします。
(1) 前号に定める債務につき、利用会員が支払を怠った場合に、利用会員に対する督促状その他未払分の請求を促す書面を作成し、送付することについて代行する権限
(2) オーナーが債権譲渡をなす場合において、オーナーが債務者たる利用会員に対してなす債権譲渡通知を作成し、送付することについて代行する権限
(3) 前各号のほか、本サービスに関連する権限


第10.7条(本規約および契約要項等の変更)
当社は、パートナーおよびオーナーの事前の承諾なしに、本規約および契約要項等を変更することができるものとし、本規約および契約要項等の変更の効力は、当社が変更内容を本サービスサイト等に掲載したときに生じるものとします。


第10.8条(譲渡禁止)
オーナーは、オーナー契約に基づくオーナーとしての地位およびオーナー契約に基づく権利義務をパートナーの承諾なく第三者に譲渡することはできないものとします。


第10.9条(存続規定)
オーナー契約が終了した場合でも、第9.4条、第10.1条、第10.2条、第10.3条、第10.8条、第10.10条、第10.11条、第10.12条および本条はなお適用があるものとします。


第10.10条(専属的合意管轄裁判所)
本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第10.11条(準拠法)
本規約は、日本法に準拠するものとします。


第10.12条(協議事項)
本規約に定めのない事項については、オーナー、パートナーおよび当社は誠実に協議の上取り決めるものとします。



平成29年4月7日制定
平成29年7月25日改定
平成30年2月22日改定
平成30年4月23日改定
平成30年8月10日改定
平成30年10月11日改定
令和元年10月1日改定


以 上

契約要項

ペナルティ料金(第4.4条)
取消した利用予約1コマにつき3,000円

オーナー売上割合(第6.2条第1項)
契約締結時に決定

支払方法(第6.4条第1項)
オーナーへの振込額があらかじめ設定している閾値を超えた場合に、末日締め翌月末日支払にて指定口座に銀行振込
※パートナーにより支払方法が異なる場合があります。
※オーナーが負担する振込に要する費用は1回の振込につき330円(税込)とします。

コールセンターの対応時間・業務範囲(第10.5条)※当社が対応する場合
対応時間:原則として24時間365日対応
業務範囲:ビジター、会員および利用会員からの問合せ対応および事故・トラブルにおける1次対応


以 上



特Pオーナー規約に関する補足事項について


オーナーの皆様には、特Pオーナー規約を遵守いただくのはもちろんのこと、下記の事項につきましても併せてご確認いただきますようお願いいたします。


1.関連する法令について


駐車場に関連する法令には駐車場法というものがありますが、駐車場法では「一般公共の用に供されるもの」を駐車場と定義しており、この「一般公共の用に供されるもの」とは不特定多数の者の直接の利用に供することを目的として設置されたものと解されます。
(国土交通省 第27回全国駐車場政策担当者会議 駐車場関係施策に関する質問への回答等より抜粋 http://www.mlit.go.jp/common/001033746.pdf)
よって、不特定ではなく会員制である駐車場シェアリングにおいては、関連する法令とは言えないと解釈できます。
なお、法令に関して不明点や質問がある場合は、政府機関、管轄する行政機関もしくは各自治体にお問い合わせいただきますようお願いいたします。


2.官庁への許可・認可・登録等について


特Pに関しては、官庁に申請して取得すべき許可・認可等はありません。
ご登録いただくだけで開始することが可能です。


3.税金について


売上にかかる所得税、消費税およびその他の税金については、必要に応じて、税務署または税理士等の専門家にご確認いただきますようお願いいたします。


4.保険について


駐車場内での物損事故が発生した場合は、会員が加入している自動車保険で対応することになっていますが、会員に起因する事故と特定できない場合は、会員の自動車保険では対応できない可能性があります。
その場合、ご家庭の駐車場を提供される場合は、建物の火災保険で対応できる場合があります。また、一般の駐車場の場合は、施設賠償責任保険にご加入であれば、補償対象となりますので、ご確認くださいますようお願いいたします。





特P月極オーナー規約


第1章 規約の目的


第1.1条(目的)
1. 特P月極オーナー規約(以下「本規約」といいます。)は、駐車場等シェアリング情報提供サービス「特P」について、月極オーナーが月極駐車場を貸出募集するに当たり、月極オーナー、月極パートナーおよび当社の権利義務関係を定めることを目的とします。
2. 本規約で使用される用語は、本規約において特段の定義があるほかearthID会員規約( https://toku-p.earth-car.comに掲載された最新のもの。なお、当社はURLを予告なく変更・追加・削除できるものとします。)と同じ意味をもつものとします。
3. 月極オーナーは本規約に同意した場合、別に定める特Pオーナー規約(以下「オーナー規約」といいます。)についても、同意したものとみなします。


第1.2条(定義)
本規約に用いる用語の定義は、各条項で定めるほか、次のとおりとします。
(1) 本サービス
駐車場等シェアリング情報提供サービス「特P」を利用した、月極駐車場の貸出募集に関するサービス
(2) 本サービスサイト等
本サービスに係るWebサイトおよびアプリケーション等
(3) 月極駐車場
月極オーナーが貸出募集を行う本サービスに登録された駐車場
(4) 当社
株式会社アース・カー
(5) 月極利用会員
本サービスに基づき月極駐車場の利用を申し込む会員
(6) 月極パートナー
当社と提携して本サービス向けに月極駐車場に関する情報を提供する会員であって、契約要項の「パートナー」欄に定める者。なお、当社が「パートナー」欄に記載されているときは、当社が月極パートナーの地位を併有します。
(7) 月極オーナー
本サービス向けに月極駐車場の貸出募集を行う会員


第2章 月極オーナーの登録


第2.1条(月極オーナー契約)
1. 本サービス向けに月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーになろうとする者は、会員規約の定めに基づき会員登録を行ったうえ、当社所定の方法で、本サービス向けに月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーとしての登録を申し込むことができるものとします。
2. 月極パートナーは、月極オーナーとなろうとする者が月極オーナーとして不適当と認める場合、月極オーナーの登録を認めないことができ、月極オーナーとなろうとする者はこれに異議を述べることはできないものとします。この場合、月極パートナーはその理由を開示する義務を負わないものとします。
3. 月極パートナーが月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーの登録を認めた場合、月極オーナー、月極パートナーおよび当社の間に、本規約に定める内容による月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナー契約が成立するものとします。


第2.2条(届出情報の変更)
1. 月極オーナーが登録時に月極パートナーに届け出た事項に変更が生じた場合、月極オーナーは、直ちに、所定の方法により、月極パートナーに届け出るものとします。
2. 前項の届出が行われなかった(届出が遅滞しまたは不正確であった場合を含みます。)ことにより、月極パートナーからの連絡、通知、請求等が月極オーナーに到達せずまたは遅延するなどした結果、月極オーナーに損害が生じても、月極パートナーおよび当社は何らの責任も負わないものとします。


第2.3条(月極オーナーの遵守事項)
月極オーナーは、本規約に別途定めるもののほか、本サービスの利用にあたり、次の事項を遵守するものとします。
(1) 特Pの標章と類似しまたは混同しうる標章を使用しないこと。
(2) 特Pの標章と類似しまたは混同しうる商標の出願をしないこと。
(3) 本サービスについて広告宣伝を行う場合の広告物、外部に提示・開示する営業資料、印刷物(Web、紙、看板等形式は問わないものとします。)等は事前に月極パートナーまたは当社の承認を得ること。
(4) 本サービスについて検索連動広告その他の会員が本サービスサイト等と混同しうる広告媒体への掲載をしないこと。
(5) 「特P」の標章を使用する場合は事前に当社の承認を得ること。
(6) 本サービスの運営・提供にあたり、当社所定の各ガイドラインその他の定めに従うこと。
(7) 会員との間でトラブルが生じたときは月極パートナーおよび当社と早期解決に向けて努力および協力すること。
(8) 会員の個人情報は適切に管理し、漏洩防止のために適切な措置を取ること。また、法令に定めのある場合を除き、本人の同意なく第三者に会員の個人情報を開示しないこと。
(9) 本サービスの運営・提供にあたり、正当な権限を有していること。


第3章 月極駐車場の登録・契約


第3.1条(月極駐車場の登録)
1. 月極オーナーは、月極駐車場の貸出募集を行う場合には、それに先立って、本サービスサイト等において、当社所定の方法により、月極駐車場を登録するものとします。登録は、月極駐車場内の一部の車室についても行うことができます。なお、月極オーナーの代理として、月極パートナーまたは当社が登録を行うこともできるものとします。
2. 月極駐車場について登録すべき情報は、次のとおりとします。
(1) 月極駐車場の名称
(2) 月極駐車場の場所
(3) 月極駐車場の写真
(4) 月極駐車場の寸法(メートル単位)
(5) 駐車可能な車両の種類または駐車不可能な車両の種類
(6) 月極駐車場の貸出期間
(7) 月極駐車場の車室数
(8) 月極駐車場の車室番号
(9) 月極駐車場の賃料
(10) 月極利用会員が月極駐車場を利用するにあたっての利用条件、留意すべき事項
(11) 前各号のほか当社が定める事項
3. 月極オーナーは、月極駐車場の登録をするにあたり、以下に掲げる事項を遵守するものとします。
(1) 月極駐車場の貸出募集を行う場合には、登録する情報を月極駐車場の実態に合った正確なものとすること。
(2) 登録する情報を月極利用会員にとって分かりやすいものとすること。
(3) 月極駐車場の貸出募集を行う場合には、賃料を駐車場の場所・時期等に応じた適正なものとすること。
(4) 当社所定の各ガイドラインその他の定めに従うこと。
4. 月極オーナーは、以下に掲げる事由に該当する場合は、月極駐車場における車両の保管場所として登録をすることができません。
(1) 車両を毀損、汚損するおそれのある施設、動植物、保管物、突起物、障害物、舗装、段差等が、月極駐車場内またはそれらに隣接して存在する場合。
(2) 車両の保管場所として用いるための十分なスペースがない場合。
(3) 車両の保管場所として用いることについて近隣の反対がある場合。
(4) 本サービスと同種のサービスに既に提供・登録している場合(同一の駐車場または車両の保管場所内の一部の車室について本サービスと同種のサービスに既に提供・登録している場合において、他の車室を本サービスに登録するときを除きます)。ただし、月極パートナーおよび当社が認めた場合はこの限りではないものとします。
(5) 前各号のほか、月極パートナーまたは当社が不適切と判断する場合。
5. 月極オーナーによる月極駐車場の登録および登録情報の変更は、月極パートナーの審査を要するものとします。


第3.2条(月極駐車場の契約)
1. 月極オーナーは、月極パートナーと月極駐車場を契約するものとし、月極パートナーは月極駐車場の賃借を希望する会員に転貸するものとします。なお、契約条件等の詳細は別途定める駐車場賃貸借基本契約書(以下「基本契約」といいます。)及び基本契約に定める個別契約(以下「個別契約」という)によるものとします。
2. 月極オーナーは、月極パートナーとの基本契約締結後であっても、個別契約が成立するまでは、当該駐車場を駐車場等シェアリング情報提供サービス「特P」の用に供することができるものとします。なお、月極オーナーは、個別契約成立後、月極パートナーの指示に従って本サービスサイト等への掲載を停止するものとします。


第3.3条(登録情報の管理)
1. 月極オーナーは、月極駐車場の貸出募集を行う場合には月極駐車場の登録情報を、適切に管理・更新しなければならないものとします。月極オーナーが当該管理・更新を怠ったことによって会員その他の第三者に生じた損害・トラブルは、月極オーナーの責任および負担において対処するものとし、月極パートナーおよび当社は何らの責任も負わないものとします。
2. 月極パートナーは、月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーが登録した月極駐車場の写真が当社所定の各ガイドラインに適合しない場合、当該情報を当社所定の各ガイドラインに適合するように加工することができるものとし、月極オーナーはこれに異議を述べないものとします。
3. 月極パートナーは、月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーが登録した月極駐車場の登録情報が誤りまたは不適切であると判断した場合、月極オーナーに対し、登録情報の是正を求めることができ、月極オーナーは月極パートナーの求めに直ちに応じるものとします。
4. 月極オーナーが前項の要請に応じない場合または緊急の必要がある場合、月極パートナーは、登録情報の変更、追加、削除、月極駐車場の登録取消し、一時停止等の措置を講じることができるものとします。月極オーナーは、月極パートナーによる当該措置について、異議を述べることはできないものとします。
5. 月極パートナーは、月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーに対し、必要に応じて月極駐車場および月極駐車場の外観、内観、周囲の状況、管理状況等について資料の提供を求めることができ、月極オーナーはこれに協力するものとします。


第3.4条(月極オーナーによる月極駐車場等の抹消・掲載停止)
月極オーナーは、いつでも、当社所定の方法で、月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーが登録した月極駐車場の登録を抹消し、または月極オーナーが必要と認める期間本サービスサイト等への掲載を停止することができます。ただし、既に月極駐車場の契約がなされている場合は、この限りではないものとします。


第3.5条(月極パートナーによる月極駐車場の取消しおよび一時停止)
第3.1条第4項各号に定める事由のいずれかに該当する場合または月極オーナーが本規約の定めに違反する場合、月極パートナーは月極オーナーに対する何らの通知催告を要することなく、月極駐車場を提供する月極オーナーの場合にはその登録する登録駐車場(第3.1条第4項各号に定める事由のいずれかに該当する月極駐車場または本規約違反に係る月極駐車場に限られないものとします。以下、本条において同じとします。)の登録を取消し、または、本サービスサイト等における月極駐車場の掲載を月極パートナーが必要と認める期間停止することができるものとします。


第3.6条(転載)
当社は月極オーナーおよび月極パートナーの許諾を得ることなく月極駐車場の写真その他の登録情報を本サービスサイト等以外のWebサイト等に転載することができるものとします。


第4章 月極駐車場の管理等


第4.1条(月極駐車場の管理)
1. 月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーは、自らの責任と負担において、自ら登録した月極駐車場の維持・管理を行うものとします。
2. 月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーは、月極駐車場の維持・管理に関し、月極利用会員との間でトラブルを生じたときは、速やかにこれを月極パートナーに報告するとともに、月極オーナーと月極パートナーが協力して早期解決に努めるものとします。
3. 月極パートナーは、月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーの月極駐車場の維持・管理が不適切であると判断した場合、月極オーナーに対し、その是正を求めることができ、月極オーナーは直ちにこれに応じるものとします。
4. 月極パートナーは、月極駐車場の貸出募集を行う月極オーナーが前項の求めに応じない場合、会員に不利益を生じるおそれがある場合または緊急の必要性があると月極パートナーが判断する場合、月極駐車場への立入り、月極駐車場の登録取消し、一時停止その他月極パートナーが必要と判断した一切の管理行為等を行うことができるものとします。この場合、月極オーナーは当該管理行為等に要した費用を負担するものとし、また、会員その他の第三者に生じた損害を賠償するものとします。
5. 月極オーナーは、月極駐車場に監視カメラを設置する場合、当該月極駐車場において、監視カメラが作動中である旨を分かりやすく掲示するものとします。


第5章 本サービスの変更、中止・中断


第5.1条(本サービスの変更)
月極オーナーは、本サービスが随時アップデートされるものであることを承諾し、アップデートに伴う機能の改廃について異議を述べることはできないものとします。また、当社は、機能が維持されることについて保証しないものとします。


第5.2条(本サービスの提供の中止・中断)
1. 当社は、次の各号に定める事由のいずれかの事由がある場合には、月極オーナーに対する通知なく、本サービスの全部または一部の提供を中止または一時的に中断することができるものとします。
(1) 本サービスを提供するためのシステム、ソフトウエア、サーバー等の保守・更新等を行う場合。
(2) 本サービスを提供するためのシステムに過大な負荷がかかり、または不正アクセス等によりセキュリティ上の問題があると当社が判断した場合。
(3) 火災、停電、地震その他天災により本サービスの提供が困難となった場合。
(4) 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供が困難となった場合。
(5) 前各号のほか、運用上または技術上、本サービスの提供の中止または一時的な中断が必要と当社が判断した場合。
2. 前項の本サービスの提供の中止または一時的中断について、月極パートナーおよび当社は何らの責任も負わないものとします。
3. 当社は、本サービスの内容および本サービスの提供に付帯して行う各種優待、割引、キャンペーンその他の施策について随時変更することができるものとします。また、月極パートナーおよび当社は、本サービスの適法性、有用性、不具合が生じないことについて保証しないものとします。


第6章 契約期間、解除等


第6.1条(契約期間)
月極オーナー契約の有効期間は、月極オーナー契約成立の日から3年間とします。ただし、当該期間満了前6ヶ月前までに月極オーナーおよび月極パートナーのいずれからも別段の意思表示がない限り、同一条件をもって更に3年間継続するものとし、その後も同様とします。


第6.2条(中途解約)
1. 月極オーナーは月極オーナー契約の有効期間中であっても自己の都合により2ヶ月前に書面で予告することにより月極オーナー契約を解除することができるものとします。ただし、月極オーナーの月極駐車場について、月極パートナーとの基本契約または個別契約期間中の場合はその契約が終了しない限り解約することができないものとします。
2. 前項の解約については、違約金は発生しないものとします。


第6.3条(解除)
1. 月極オーナーが、次の各号に定める事由のいずれかに該当するときは、月極パートナーは月極オーナーに対する何らの通知催告を要することなく、月極オーナー契約を解除することができるものとします。
(1) 本規約その他の本サービスに関する規約に定める義務に違反したとき。
(2) 自らまたは第三者をして、偽計もしくは威力を用いて月極パートナーまたは他の会員の業務および本サービスの運用を妨害したとき。
(3) 自らまたは第三者をして、月極パートナーもしくは他の会員の信用を毀損する行為を行い、または、月極パートナーもしくは他の会員に著しい迷惑をかける行為を行ったとき。
(4) 月極パートナーからの問い合わせその他回答を求める連絡に対し30日間以上回答がないとき、または当該連絡が不達となったとき。
(5) 後見開始、保佐開始、または、補助開始の審判を受けたとき。
(6) 監督官庁より営業の許可取消し、停止等の処分を受けたとき。
(7) 支払停止もしくは支払不能の状態に陥ったとき、または、手形もしくは小切手が不渡りとなったとき。
(8) 差押え、仮差押え、仮処分もしくは競売の申立て、または、公租公課の滞納処分を受けたとき。
(9) 破産手続、民事再生手続、会社更生手続または特別清算開始の申立てが行なわれたとき。
(10) 解散(合併による場合を除きます。)し、または、事実上その営業を休止もしくは停止したとき。
(11) 資産または信用状態に重大な変化が生じ、本規約に定める月極オーナーの義務の履行が困難になる恐れがあると当社が認めたとき。
(12) 反社会的勢力であること、または、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していることが判明したとき。
(13) 月極オーナーの会員資格が取り消される事由があるとき。
(14) 特Pオーナー契約が期間満了または解除等により終了したとき。
(15) その他、本サービスの利用の継続が不適当であると当社が認めたとき。
2. 前項の場合、月極オーナーは、月極パートナーから何らの通知催告を要せず、月極パートナーに対する債務があればその一切の債務について期限の利益を喪失するものとし、直ちにすべての債務を一括して弁済するものとします。
3. 第1項に定める解除によって月極オーナーが被った損害について、月極パートナーおよび当社は何らの責任も負わないものとします。
4. 月極パートナーは、月極オーナーに対し、第1項に定める事由の有無を確認することができ、月極オーナーはこれに協力するものとします。


第6.4条(契約終了時の取扱い)
1. 月極オーナー契約が終了した場合、その終了の原因の如何を問わず、月極オーナーは、本サービスに関する一切の看板、標識、資料等を廃棄または月極パートナーに返還するものとします。
2. 月極オーナー契約が終了した場合、その終了の原因の如何を問わず、月極オーナーは本サービスに関連して掲載・出稿している広告(WebサイトやSNS上の広告を含みます。)および本サービス専用に開設したWebサイト、ブログおよびSNS等をすみやかに削除するものとします。
3. 月極オーナー契約が終了した場合、その終了の原因の如何を問わず、既になされた予約および本規約その他本サービスに関する規約上の債権債務には影響を及ぼさないものとします。


第7章 雑則


第7.1条(知的財産権)
本サービスおよび本サービスサイト等に係る著作権等の知的財産権(第3.1条の定めにより月極オーナーが登録した月極駐車場の写真その他の登録情報に係る知的財産権を含みます。)は、全て当社に帰属するものとし、月極オーナーおよび月極パートナーは、月極駐車場の登録その他本サービスの利用に当たって、何らの知的財産権の付与を受けるものではありません。


第7.2条(秘密保持)
月極オーナーは、月極オーナー契約について知りえた月極パートナーおよび当社の営業上若しくは業務上の一切の情報(以下「秘密情報」といいます。)を秘密保持し、相手方の承諾ある場合を除き、第三者に開示もしくは漏洩し、また本サービス以外の目的に使用してはならないものとします。ただし、以下の場合には、本条に定める秘密情報とはならないものとします。
(1) 相手方から開示された時点で、既に公知となっていたもの
(2) 相手方から開示された後で、自らの責めに帰すべき事由によらず公知となったもの
(3) 相手方から開示された時点で、既に自ら保有していたもの
(4) 正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負わずに開示されたもの


第7.3条(免責)
1. 本規約および本サービスに関するその他の規約に特段の定めがある場合を除き、月極パートナーおよび当社が月極オーナーに対して負担する損害賠償は、月極オーナーが直接かつ現実に被った通常損害に限るものとし、その額は、月極パートナーおよび当社の各々について、当該損害の発生日(複数日にわたるときはその最初の日)までの直近3カ月間に当該月極オーナーの月極駐車場についての賃料の額を限度とします。
2. 月極パートナーおよび当社は、本サービスサイト等にコンピュータウイルス等有害なものが含まれていないことについて、保証しないものとします。また、コンピュータウイルス等有害なものが含まれていたことにより生じた損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
3. 当社は、本サービスサイト等にリンク・バナー等のある本サービスサイト等以外のWebサイトまたはアプリケーション等の利用によって月極オーナーが被った損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
4. 月極パートナーおよび当社は、月極オーナーが外部SNSサービスと連携しログインするソーシャルログイン時に外部SNSサービスと連携できなかったことにより生じた損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
5. 当社は、本サービスサイト等における月極オーナーの誤操作、誤選択その他の人為的過誤に起因して会員が被った損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
6. 月極パートナーおよび当社は、月極オーナーが当社の定めるガイドラインに違反したことにより月極オーナーに生じた損害については、月極オーナーに対して一切の責任を負わないものとします。
7. 月極オーナーと月極利用会員との間で紛争が生じた場合、月極パートナーおよび当社は一切の責任を負わないものとします。
8. 月極パートナーおよび当社は、システムの不具合、コールセンターの対応ミス等により、月極駐車場の貸出ができなかったことにより月極オーナーに生じた損害については、月極オーナーに対して一切の責任を負わないものとします。
9. 月極パートナーおよび当社は、月極パートナーまたは当社からの連絡、システムからの通知、システム上への掲示等の手段を用いてオーナーへ通達したにもかかわらず、月極オーナーに生じた損害については、月極オーナーに対して一切の責任を負わないものとします。


第7.4条(月極パートナーまたは当社に対する損害賠償)
月極オーナーが、月極オーナー契約に違反するなどして月極パートナーまたは当社に損害を与えた場合には、各相手方に対し、損害を賠償するものとします。


第7.5条(月極パートナーおよび当社への権限の委任)
1. 月極オーナーは月極パートナーに対し、以下の各号に定める権限を委任するものとします。
(1) 月極オーナーが撮影した月極駐車場の写真を加工および本サービスサイト等に掲載する権限
(2) 前号のほか、本サービスに関連する権限


第7.6条(本規約および契約要項等の変更)
当社は、月極パートナーおよび月極オーナーの事前の承諾なしに、本規約および契約要項等を変更することができるものとし、本規約および契約要項等の変更の効力は、当社が変更内容を本サービスサイト等に掲載したときに生じるものとします。


第7.7条(譲渡禁止)
月極オーナーは、月極オーナー契約に基づく月極オーナーとしての地位および月極オーナー契約に基づく権利義務を月極パートナーの承諾なく第三者に譲渡することはできないものとします。


第7.8条(存続規定)
月極オーナー契約が終了した場合でも、第6.4条、第7.1条、第7.2条、第7.3条、第7.7条、第7.9条、第7.10条、第7.11条および本条はなお適用があるものとします。


第7.9条(専属的合意管轄裁判所)
本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第7.10条(準拠法)
本規約は、日本法に準拠するものとします。


第7.11条(協議事項)
本規約に定めのない事項については、月極オーナー、月極パートナーおよび当社は誠実に協議の上取り決めるものとします。

令和2年1月27日制定


以 上



earthID会員規約


第1章 規約の目的等


第1.1条(目的等)
1. 本会員規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社アース・カー(以下「当社」といいます。)が運営する会員制サービス(以下「本サービス」といいます。)について、会員の権利義務の基本的事項を定めることを目的とします。
2. 本規約の定めと本サービスに関するその他の規約の定めとの間に齟齬があるときは、本サービスに関するその他の規約の定めを優先するものとします。



第2章 会 員


第2.1条(会員登録)
1. 本サービスの会員となろうとする者は、当社所定の方法で、本規約その他本サービスに関する規約の内容を承諾の上、所定の事項を当社に届け出ることにより、会員の登録をすることができます。
2. 次の各号に該当する場合は、会員として登録をすることができません。
(1) 20歳未満の場合(ただし、16歳以上の場合で親権者の同意があるときを除きます。)。
(2) 未成年者、成年被後見人、被補佐人または被補助人のいずれかであり、かつ、登録につき親権者、補佐人もしくは補助人の同意その他の必要な授権が行われていない場合。
(3) 過去に第2.6条の定めにより会員登録の取消しを受けたことがある場合。
(4) 当社が運営するサービス(本サービスに限られないものとします。)について会員登録の取消しまたはこれに準じる措置を受けたことがある場合。
(5) 暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる場合(以下総称して「反社会的勢力」といいます。)、または、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有している場合。
(6) 前各号のほか当社が不適当と認める場合。


第2.2条(アカウントの付与)
1. 当社は、会員に対し、本サービスの利用に必要なアカウントを付与します。
2. 会員は、当社から付与されたアカウントに関する情報(IDおよびパスワードを含みますがこれに限られません。)を善良な管理者の注意義務をもって管理・使用するものとし、第三者に使用させ、または貸与等を行ってはならないものとします。
3. アカウントが第三者に使用されていることが判明した場合、会員は直ちに当社に対しその旨を届け出るものとします。会員が当該届出を怠りまたは遅延したことによって生じた損害について、当社は何らの責任も負わないものとします。
4. 前項の場合、当社は、当該会員の承認を得ることなく、アカウントの使用を停止することができ、アカウントの使用停止により会員に損害が生じても、当社は何らの責任も負わないものとします。


第2.3条(連絡方法)
1. 当社の会員に対する連絡、会員の当社に対する連絡および会員間の連絡は、口頭、電話、電子メールその他当社所定の方法により行うものとします。
2. 当社の会員に対する連絡は、連絡の方法を問わず、通常到達すべき時期に到達したものとみなします。


第2.4条(届出情報の変更)
1. 会員が当社に届け出た事項に変更が生じた場合、会員は、直ちに、当社所定の方法により、当社に届け出るものとします。
2. 前項の届出が行われなかった(届出が遅滞しまたは不正確であった場合を含みます。)ことにより、当社からの連絡、通知、請求等が会員に到達せずまたは遅延するなどした結果、会員に損害が生じても、当社は何らの責任も負わないものとします。


第2.5条(禁止事項)
会員は、本サービスの利用にあたり、次の行為をしてはならないものとします。
(1) 本規約その他本サービスに関する規約に違反する行為。
(2) 本サービスに係るWebサイトおよびアプリケーション等(以下「本サービスサイト等」といいます。)に掲示された内容に違反する行為。
(3) 法令、公序良俗等に違反し、または、違反するおそれのある行為。
(4) 当社、他の会員およびその他の第三者の財産、名誉、信用、プライバシー権その他の権利を侵害し、また迷惑となる行為。
(5) 本サービスサイト等への不正アクセスその他本サービスサイト等の通常の利用以外のアクセス。
(6) 当社、他の会員およびその他の第三者の使用するソフトウエア、ハードウエア、通信回線その他の設備または機器等の機能を妨げ、その利用、運営に支障を与える行為。
(7) 当社、他の会員およびその他の第三者の有する個人情報、履歴情報等を、その承諾なく収集、蓄積、開示、公開、改ざん、消去する行為。
(8) 他人のアカウントを使用するなど、他の会員になりすまして本サービスを利用する行為。
(9) 本サービスを当社が企図する目的とは異なる目的で利用、転用、複製、翻案、二次利用等を行う行為。
(10) 本サービスの利用により得られた情報を用いて、本サービスと同種の利用契約を締結し、または本サービス外の契約へ誘引する行為。
(11) 本サービスサイト等を利用して、他の会員または第三者を他のWebサイト等に誘導する行為。
(12) 本サービスまたは本サービスサイト等の運営・利用に支障を与える行為。
(13) 自らまたは第三者をして、偽計もしくは威力を用いて当社の業務および本サービスの運用を妨害する行為。
(14) 自らまたは第三者をして、当社の信用を毀損する行為を行い、または、当社に著しい迷惑をかける行為。
(15) 前各号のほか当社が不適切と判断する行為。


第2.6条(当社による会員登録の取消しおよび一時利用停止)
1. 会員が、次の各号に定める事由のいずれかに該当するときは、当社は会員に対する何らの通知催告を要することなく、会員登録を取り消し、または、会員による本サービスの利用を当社が必要と認める期間停止することができるものとします。
(1) 本規約その他本サービスに関する規約に定める会員の義務に違反したとき。
(2) 会員登録時に当社に届け出た事項に虚偽があったとき、または、第2.1条第2項に定める会員登録資格がないことが判明したとき。
(3) 12か月以上本サービスの利用がないとき。
(4) 当社からの問い合わせその他回答を求める連絡に対し30日間以上回答がないとき、または当該連絡が不達となったとき。
(5) 後見開始、保佐開始、または、補助開始の審判を受けたとき。
(6) 監督官庁より営業の許可取消し、停止等の処分を受けたとき。
(7) 支払停止もしくは支払不能の状態に陥ったとき、または、手形もしくは小切手が不渡りとなったとき。
(8) 差押え、仮差押え、仮処分もしくは競売の申立て、または、公租公課の滞納処分を受けたとき。
(9) 破産手続、民事再生手続、会社更生手続または特別清算開始の申立てが行われたとき。
(10) 解散(合併による場合を除きます。)し、または、事実上その営業を休止もしくは停止したとき。
(11) 資産または信用状態に重大な変化が生じ、本規約その他本サービスに関する規約に定める会員の義務の履行が困難になる恐れがあると当社が認めたとき。
(12) 反社会的勢力であること、または、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していることが判明したとき。
(13) 反社会的勢力に自己のアカウントを利用させていることが判明したとき。
(14) その他、本サービスの利用の継続が不適当であると当社が認めたとき。
2. 前項の場合、会員は、当社からの何らの通知催告を要せず、当社に対する一切の債務について期限の利益を喪失するものとし、直ちにすべての債務を一括して弁済するものとします。
3. 第1項に定める会員登録の取消しまたは一時利用停止によって会員が被った損害について、当社は何らの責任も負わないものとします。
4. 当社は、会員に対し、第1項に定める事由の有無を確認することができ、会員はこれに協力するものとします。


第2.7条(会員による退会)
会員は、いつでも、当社所定の方法により、退会することができます。ただし、本サービスに関して当社または当該会員以外の会員に対する債務が存する場合および本サービスに関する利用予約または利用契約が存する場合はこの限りではないものとします。なお、退会の効力は遡及しないものとします。


第2.8条(会員登録の取消しまたは退会の場合の措置)
当社は、会員登録の取消しまたは退会があった場合、会員に付与したアカウントおよびコンピューター上の設定の無効化その他本サービスの利用を不可能にするために必要な一切の措置を取るものとします。


第3章 法人会員及び家族会員


第3.1条(法人会員)
1. 会員のうち法人である者は、当社所定の方法により、会員のうち当該法人の役員および従業員である個人について、法人会員の指定登録をすることができます(以下本条において法人会員の指定登録をした会員を「法人本会員」といい、法人会員の指定登録をされた個人である会員を「法人子会員」といいます。)。
2. 法人子会員は、本サービスを利用する際、法人本会員の役員または従業員としての利用を行うか、個人としての利用を行うかのいずれかを選択することができるものとします。当該選択の如何により、法人本会員または法人子会員に損害が生じても、当社は何らの責任も負わないものとします。
3. 法人子会員が、法人本会員の役員または従業員としての利用を行うときは、当該法人子会員の行為は当該法人本会員の行う行為とみなし、法人本会員は、法人子会員の利用について一切の責任を負うものとします。
4. 法人本会員が会員登録を取り消された場合または退会した場合、それと同時に、当該法人本会員がなした法人子会員の指定登録は効力を失うものとします。また、当社が法人本会員について本サービスの一時利用停止の措置を行う場合、法人子会員は、法人本会員の役員または従業員としての利用を行うことができないものとします。


第3.2条(家族会員)
1. 会員のうち個人である者は、当社所定の方法により、会員のうち同居の親族である者について、家族会員の指定登録をすることができます(以下本条において家族会員の指定登録をした会員を「家族本会員」といい、家族会員の指定登録をされた会員を「家族子会員」といいます。)。
2. 家族子会員は、本サービスを利用する際、家族本会員の家族としての利用を行うか、個人としての利用を行うかのいずれかを選択することができるものとします。当該選択の如何により、家族本会員または家族子会員に損害が生じても、当社は何らの責任も負わないものとします。
3. 家族子会員が、家族本会員の家族としての利用を行うときは、本規約に定める家族本会員の義務と同等の義務を負うものとします。
4. 家族子会員が家族本会員の家族としての利用を行うときは、家族本会員は、その家族子会員が本規約その他本サービスに関する規約に基づき当社に対して負う債務の一切について、当社に対しこれを連帯して負担するものとします。当社は、家族子会員が本サービスを利用したことによる対価を一次的に家族本会員に請求するものとします。
5. 家族本会員が会員登録を取り消された場合または退会した場合、それと同時に、当該家族本会員がなした家族子会員の指定登録は効力を失うものとします。また、当社が家族本会員について本サービスの一時利用停止の措置を行う場合、家族子会員は、家族本会員の家族としての利用を行うことができないものとします。


第4章 本サービスの変更、中止・中断


第4.1条(本サービスの変更)
会員は、本サービスが随時アップデートされるものであることを承諾し、アップデートに伴う機能の改廃について異議を述べることはできないものとします。また、当社は、機能が維持されることについて保証しないものとします。


第4.2条(本サービスの提供の中止・中断)
1. 当社は、次の各号に定める事由のいずれかの事由がある場合には、会員に対する通知なく、本サービスの全部または一部の提供を中止または一時的に中断することができるものとします。
(1) 本サービスを提供するためのシステム、ソフトウエア、サーバー等の保守・更新等を行う場合。
(2) 本サービスを提供するためのシステムに過大な負荷がかかり、または不正アクセス等によりセキュリティ上の問題があると当社が判断した場合。
(3) 火災、停電、地震その他天災により本サービスの提供が困難となった場合。
(4) 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供が困難となった場合。
(5) 前各号のほか、運用上または技術上、本サービスの提供の中止または一時的な中断が必要と当社が判断した場合。
2. 前項の本サービスの提供の中止または一時的中断について、当社は何らの責任も負わないものとします。
3. 当社は、本サービスの内容および本サービスの提供に付帯して行う各種優待、割引、ポイント、クーポン、キャンペーンその他の施策について随時変更することができるものとします。また、当社は本サービスの継続性、有用性、適法性、不具合が生じないことについて保証しないものとします。


第5章 雑 則


第5.1条(個人情報の取扱い)
会員の個人情報の取扱いについては、当社が別途定める「個人情報の取扱について」によることとします。


第5.2条(知的財産権)
本サービスおよび本サービスサイト等に係る著作権等の知的財産権は、全て当社に帰属するものとし、会員は、会員登録、本サービスの利用に当たって、何らの知的財産権の付与を受けるものではありません。


第5.3条(免責)
1. 本規約および本サービスに関するその他の規約に特段の定めがある場合を除き、当社が会員に対して負担する損害賠償は、当該会員が直接かつ現実に被った通常損害に限るものとし、その額は、当該会員が損害発生日(複数日にわたるときはその最初の日)までの直近6カ月間に支払った本サービスに関する規約に定める本サービスの利用料の合計額を限度とします。ただし、会員が消費者契約法第2条第1項に定める消費者であって、当社に故意又は重大な過失がある場合はこの限りではありません。
2. 当社は、本サービスサイト等にコンピュータウイルス等有害なものが含まれていないことについて、保証しないものとします。また、コンピュータウイルス等有害なものが含まれていたことにより生じた損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
3. 当社は、本サービスサイト等にリンク・バナー等のある本サービスサイト等以外のWebサイトまたはアプリケーション等の利用によって会員が被った損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
4. 当社は、会員が外部SNSサービスと連携しログインするソーシャルログイン時に外部SNSサービスと連携できなかったことにより生じた損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。
5. 当社は、本サービスサイト等における会員の誤操作、誤選択その他の人為的過誤に起因して会員が被った損害について、直接的か間接的かを問わず、一切責任を負わないものとします。


第5.4条(本規約の変更)
当社は、会員の事前の承諾なしに、本規約を変更することができるものとし、本規約の変更の効力は、当社が変更内容を本サービスサイト等に掲載したときに生じるものとします。


第5.5条(譲渡禁止)
会員は、会員としての地位および会員としての権利義務を当社の承諾なく第三者に譲渡することはできないものとします。


第5.6条(専属的合意管轄裁判所)
本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第5.7条(準拠法)
本規約は、日本法に準拠するものとします。

平成29年4月7日制定 
平成29年7月25日改定
平成30年2月22日改定




特P駐車場等利用規約



第1章 規約の目的


第1.1条(目的)
1. 特P駐車場等利用規約(以下「本規約」といいます。)は、駐車場等シェアリング情報提供サービス「特P」について、駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場の利用予約、利用方法、遵守事項等を定めることを目的とします。
2. 本規約で使用される用語は、本規約において特段の定義があるほかは、earthID会員規約( https://toku-p.earth-car.comに掲載された最新のもの)と同じ意味をもつものとします。


第1.2条(定義)
本規約に用いる用語の定義は、各条項で定めるほか、次のとおりとします。
(1) 本サービス
駐車場等シェアリング情報提供サービス「特P」
(2) 本サービスサイト等
本サービスに係るWebサイトおよびアプリケーション等
(3) 登録駐車場
本サービスに登録された駐車場
(4) バレーパーキングサービス
オーナーが利用会員に対して提供するサービスであって、オーナーが、利用会員の車両を預かり、当該車両をオーナーが指定した保管場所まで移動して保管し、利用会員が指定した返却時刻において返却するサービス
(5) 走行練習場
本サービスに登録されたバイク等当社が認めた車両を対象とした練習場
(6) 当社
株式会社アース・カー
(7) 利用会員
本サービスに基づき登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場の利用を申し込む会員
(8) パートナー
当社と提携して本サービス向けに駐車場シェアリング情報、バレーパーキングサービスおよび走行練習場に関する情報を提供する会員
(9) オーナー
パートナーまたは当社と提携して本サービス向けに登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場を提供する会員。 なお、登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場は当社またはパートナー自身が提供することがあります。 この場合、当社が提供する登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場については、当社がオーナーの地位を併有し、 パートナーが提供する登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場については、当該パートナーがオーナーの地位を併有します。


第2章 駐車場等の利用予約


第2.1条(利用予約)
1. 利用会員は、当社所定の方法により、オーナーに対し、登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場の利用の予約または予約の申込みをすることができます。
2.当社から利用会員に対し、予約完了の通知が発信された時点で、登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場について利用の予約が成立するものとします(以下「利用予約」といいます。)。
3.登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場についての利用予約および第4.1条に定める利用契約は、 利用会員とオーナーとの間で成立するものであり、利用会員と当社または利用会員とパートナーとの間で成立するものではありません。


第2.2条(利用会員による利用予約の取消し)
1. 利用会員は、特P料金表所定の期限まで(以下「予約取消期限」といいます。)に限り、当社所定の方法により、キャンセル料を負担することなく、利用予約の取消しおよび利用予約の内容の変更を行うことができます。
2. 利用会員は、予約取消期限を経過した後は、特P料金表所定のキャンセル料を支払うことにより、利用予約の取消しを行うことができます。 利用会員が予約取消期限までに予約の取消しまたは内容の変更をしなかったことによって生じたキャンセル料その他の損害について、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。


第2.3条(当社、パートナーおよびオーナーによる利用予約の取消し)
1.当社、パートナーおよびオーナーは、以下の各号に掲げる事由のいずれかが判明した場合には、当社所定の方法により利用会員に対して通知することにより、登録駐車場、 バレーパーキングサービスおよび走行練習場の利用予約を取り消すことができるものとします。この場合、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。
(1) 当社所定の基準を満たした対人および対物の自動車損害賠償責任保険に予め加入していない場合
(2) 利用会員の指定したクレジットカードが利用停止または無効になっている場合、与信枠が不足している場合、その他利用会員の経済的信用状況に問題があるものと当社が判断した場合
(3) 利用会員が会員規約第2.6条第1項に定めるいずれかの事由に該当する場合
(4) オーナーが登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場を提供できない事態が生じた場合
(5) 当社、パートナーまたはオーナーに取り消す正当事由がある場合
(6) 前各号のほか、当社が利用予約の取消しを相当と認める場合
2.前項のほか、バレーパーキングサービスに関しては、当社、パートナーおよびオーナーは、利用会員が第3.7条第2項各号に掲げる利用条件に違反したことが判明した場合、当社所定の方法により利用会員に対して通知することにより、バレーパーキングサービスの利用予約を取り消すことができるものとします。この場合、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。
3.本条第1項および第2項のほか、走行練習場に関しては、当社、パートナーおよびオーナーは、利用会員が第5.3条第2項各号に掲げる利用条件に違反したことが判明した場合、 当社所定の方法により利用会員に対して通知することにより、走行練習場の利用予約を取り消すことができるものとします。この場合、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。


第2.4条(利用不能)
1. 当社、パートナーおよびオーナーは、利用会員が利用予約を行った利用時間に登録駐車場を利用できることを保証するものではなく、天災地変等の不可抗力、第三者による不正駐車等による駐車場の占拠、他の利用会員による駐車場明渡しの遅延、本サービスサイト等のシステム上の故障または不具合その他当社、パートナーおよびオーナーの責めに帰すべからざる事由により利用不能となる場合があります。この場合、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。
また、当社、パートナーおよびオーナーは、利用会員が利用予約を行った利用時間にバレーパーキングサービスを利用できることを保証するものではなく、天災地変等の不可抗力、他の利用会員による車両の受取りの遅延、本サービスサイト等のシステム上の故障または不具合その他当社、パートナーおよびオーナーの責めに帰すべからざる事由により利用不能となる場合があります。この場合も、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。そのほか、当社、パートナーおよびオーナーは、利用会員が利用予約を行った利用時間に走行練習場を利用できることを保証するものではなく、天災地変等の不可抗力、第三者による不正利用等による走行練習場の占拠、他の利用会員による走行練習場明渡しの遅延、本サービスサイト等のシステム上の故障または不具合その他当社、パートナーおよびオーナーの責めに帰すべからざる事由により利用不能となる場合があります。この場合も、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。
2. 当社およびパートナーは、オーナーが本サービスサイト等に掲載した登録駐車場、バレーパーキングサービスにおける車両の受渡場所(以下「車両の受渡場所」といいます。)および走行練習場の所在、利用できる車両の内容等の登録情報等の正確性を保証するものではありません。当社およびパートナーは、オーナーが正確でない情報を本サービスサイト等に掲載したことについて、何らの責任も負わないものとします。 3. 利用会員は、オーナーの責めに帰すべき事由により、利用予約が取り消されていないにもかかわらず利用予約を行った利用時間に登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場の利用ができなかったときは、当該オーナーに対して損害の賠償を請求することができます。ただし、その金額は、利用会員が消費者契約法第2条第1項に定める消費者に該当する場合であってオーナーに故意または重大な過失がある場合を除き、駐車場の利用不能の場合には、利用ができなかった時間の駐車場利用料相当額、バレーパーキングサービスの利用不能の場合には、バレーパーキングサービスの利用の対価として利用会員が支払う料金(以下「バレーパーキングサービス利用料」といいます。)のうち、利用できなかった時間に係る部分相当する額および走行練習場の利用不能の場合には、走行練習場の利用の対価として利用会員が支払う料金(以下「走行練習場利用料」といいます。)を限度とします。
4.前項の損害賠償は、オーナーと利用会員との間で直接行うものとし、当社およびパートナーは何らの責任も負わないものとします。


第3章 駐車場等の利用条件等



第3.1条(駐車場およびバレーパーキングサービスを利用可能な車両)
1. 駐車可能な車両は、登録駐車場および登録駐車場内の駐車スペースごとに異なることがあり、利用会員は、自己の責任と判断で、登録駐車場および登録駐車場内の駐車スペースの内容を確認の上、利用する登録駐車場を選択するものとします。また、バレーパーキングサービスを利用可能な車両は、車両の受渡場所および車両の保管場所ごとに異なることがあり、利用会員は、自己の責任と判断で、車両の受渡場所および受入れ可能な車両の寸法を確認の上、バレーパーキングサービスの利用を決定するものとします。
2. 利用会員は、次の車両については、登録駐車場に駐車することができず、また、バレーパーキングサービスを利用することができないものとします。
(1) 改造車両。
(2) 盗難車両。
(3) 当社所定の基準を満たした対人・対物保証の自動車損害賠償責任保険(いわゆる任意保険)に加入していない車両。
(4) 無登録車両、車検切れの車両その他法令上道路を走行することが禁じられている車両。
(5) 大型特殊、建設用特殊等の特殊な用途の車両、エアロパーツ等装着車両その他接触等によってロック板等の駐車場施設もしくは機器、または他の車両、近隣の建物その他の構築物等に損害を発生させる恐れのある車両。
(6) ナンバープレートが取り外されている、または覆いがつけられている車両、登録番号自動認識装置による登録番号の読み取りが困難な車両。
(7) 仮登録中の車両。
(8) 自動車登録事項の変更が生じているにもかかわらず法令に基づく適切な変更手続がなされていない車両。
(9) 危険物、有害汚染物質、その他安全もしくは衛生を害する恐れのある物または悪臭発生もしくは液汁漏出の原因となる物を積載した車両。
(10) オーナーが駐車できると定めている車両の寸法・規格を満たさない車両。
(11) オーナーが駐車できないまたはバレーパーキングサービスを利用できないと定めている車両。
(12) 前各号のほか、当社、パートナーまたはオーナーが駐車できないまたはバレーパーキングサービスを利用できないと判断する車両。
3. オーナーが、前項第1号および第5号の車両の駐車を明示的に認めているときは、その認めた範囲において前項の定めを適用しないものとします。
4. 第1項および第2項の定めにより、利用会員が登録駐車場またはバレーパーキングサービスを利用できなかったとしても、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。


第3.2条(駐車場の利用条件)
利用会員は、本サービスの利用にあたり、以下に掲げる利用条件を遵守するものとします。利用会員が、以下の利用条件に従わずに駐車したことにより損害を被ったとしても、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。
(1) 本規約および本サービスサイト等に掲示された利用条件に従って登録駐車場を利用すること。
(2) 本サービスサイト等に掲示された利用上の留意事項を理解・了承のうえで登録駐車場を利用すること。
(3) 登録駐車場を車両駐車のための駐車スペースとしてのみ利用し、駐車以外の行為を行わないこと。
(4) 登録駐車場内での駐車時および停車時には、車両のエンジンを停止すること。
(5) 登録駐車場または登録駐車場周囲の設備等を滅失、毀損しないこと。
(6) 車両を駐車する際は、他の駐車車両、対向車、通行人等に対し十分な注意を払い、徐行その他の安全運転を行うこと。
(7) エンジンを空ぶかししたり、カーステレオ等を大音量で鳴らしたり、大声で話したりするなど近隣に迷惑となる行為をしないこと。
(8) 登録駐車場内および停車した車両内で飲酒・睡眠をしないこと。
(9) 洗車、花火等駐車場において通常予定されていない行為をしないこと。
(10) 登録駐車場内での喫煙およびゴミを捨てる行為をしないこと。
(11) 公序良俗に反する行為をしないこと。
(12) 利用予約時に登録したクレジットカードを利用停止または無効としないこと。
(13) 高齢の方、乳幼児またはペットを車内に残したままにすることその他の利用会員または第三者の生命・身体・財産等に危険を生じるおそれのある行為をしないこと。


第3.3条(駐車場への入出庫)
利用会員は、利用予約を行った利用時間内において、原則として自由に車両の入出庫を行うことができるものとします。 ただし、登録駐車場の登録情報にこれと異なる利用条件がある場合および利用会員が当社所定の利用終了手続を行った場合はこの限りでないものとします。


第3.4条(不正駐車)
1. 利用会員が、本規約に基づく利用予約をせずに登録駐車場を利用した場合、利用予約をした駐車スペース以外の場所に駐車した場合、その他当社、パートナーまたはオーナーが不正な駐車方法と認めた場合、当社、パートナーおよびオーナーは、警察への通報その他必要な手続を取るとともに、何らの催告なく、駐車されている車両その他不正に駐車スペースに置かれている動産を他の場所に移動することができるものとします。
2. 前項の場合、利用会員は、オーナーに対し、特P料金表所定の登録駐車場不正利用ペナルティ料金のほか、通報および車両等の移動、保管等に要した諸費用を支払うものとします。
3. 前項の支払いは、オーナーと利用会員との間で直接行うものとします。


第3.5条(バレーパーキングサービスの利用方法)
利用会員は、バレーパーキングサービスの利用にあたって、別途当社が定める方法で、オーナーに対して車両を預け、オーナーから車両の返却を受けるものとします。 なお、本条に基づく「別途当社が定める方法」は、当社の単独の裁量により、必要に応じて随時変更されることがあります。


3.6条(バレーパーキングサービスにおける車両の受渡場所等)
1.車両の受渡場所は、オーナーが指定する場所とします。
2.バレーパーキングサービスにおける保管場所は本サービスサイト等上では開示されません。利用会員は、保管場所の開示を希望する場合は、 オーナーに問い合わせることとし、当社に開示を求めることはできません。オーナーは、利用会員から保管場所の開示を求められた場合でも、保管場所を開示しない場合があります。


3.7条(バレーパーキングサービスの利用条件)
1.利用会員は、バレーパーキングサービスの利用にあたり以下の事項を承諾するものとします。
(1) 車両移動の際、オーナーがシート位置、ミラーの角度、ハンドル位置等を移動すること。
(2) 車両をお預かりしている期間中にタイヤのパンク等の走行不能な事象が発生した場合、オーナーまたはオーナーが指定する者が利用会員の了承を得ずに修理を行うことおよび当該修理に要した費用を利用会員が負担すること。
(3) バレーパーキングサービスにてお預かりした車両について、走行メーターの距離数が進むこと。
(4) バレーパーキングサービスに関連するオーナーの業務を第三者が代行する場合があること。
(5) バレーパーキングサービスは車両の移動を伴うサービスであるため、交通事情等の理由により、返却時間までに車両を返却できない場合があること。
2.利用会員は、バレーパーキングサービスの利用にあたり、以下に掲げる利用条件を遵守するものとします。利用会員が、以下の利用条件に従わずにバレーパーキングサービスを利用したことにより損害を被ったとしても、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。
(1) 本特約および本サービスサイト等に掲示された利用条件および利用方法に従ってバレーパーキングサービスを利用すること。
(2) 本サービスサイト等に掲示された利用上の留意事項を理解・了承のうえでバレーパーキングサービスを利用すること。
(3) 第三者の権利を侵害し、不利益を与え、または不快感を抱かせる行為をしないこと。
(4) 公序良俗に反する行為をしないこと。
(5) 利用予約時に登録したクレジットカードを利用停止または無効としないこと。
(6) その他当社が不適切と判断する行為をしないこと。


3.8条(返却時間前の返却)
利用会員は、バレーパーキングサービスにおいて、利用予約で指定した返却時間までは原則として車両の返却を受けることはできないものとします。 ただし、オーナーが本サービスサイト等において登録した情報にこれと異なる利用条件がある場合および利用会員が当社所定のバレーパーキングサービスの利用終了手続を行った場合はこの限りでないものとします。


第3.9条(利用会員の責任)
1. 利用会員または第3.11条に基づき駐車場を利用する第三者(以下、本条において利用会員と当該第三者を併せて「利用会員等」といいます。)またはパレーパーキングサービスを利用する利用会員の責めに帰すべき事由によりオーナーに損害が発生した場合、利用会員はオーナーに対して、その損害を賠償するものとします。
2. 前項の損害賠償およびオーナーの責めに帰すべき事由による損害賠償は、オーナーと利用会員との間で直接行うものとします。
3. 利用会員等の責めに帰すべき事由により当社に損害が発生した場合、利用会員は当社に対して、その損害を賠償するものとします。
4.利用会員がバレーパーキングサービスの利用にあたって預け入れた車両の性質または瑕疵に基づく損害は、第1項ないし第3項における利用会員の責めに帰すべき事由による損害とみなします。


第3.10条(登録駐車場利用に際しての事故時の対応)
1. 利用会員が登録駐車場の利用に際し、物損事故、人身事故その他の事故を起こしたときは、直ちに警察その他の当社の指定する必要な連絡先に連絡するものとし、当社または当社が指定する者が求める調査や捜査に協力するものとします。
2. 利用会員は、前項の連絡をしたときは、当社または当社の指定する者に対し、継続してその状況を報告しなければならないものとします。


第3.11条(第三者による利用)
1. 利用会員は、自身の利用予約に基づき第三者が登録駐車場を利用することを許可することができます。ただし、本サービスサイト等に別段の定めがあるときはこの限りではありません。
2. 前項の定めに基づく第三者の登録駐車場の利用は、利用会員による利用とみなすものとし、利用会員は駐車場利用料を負担するほか、第三者の利用について一切の責任を負うものとします。
3. 利用会員が第1項の定めに基づき第三者に登録駐車場の利用を許可する場合、当該第三者に本章に定める利用条件等を遵守させるものとします。
4. 第1項にかかわらず、利用会員は、会員規約第2.1条第2項各号に定める者が登録駐車場を利用することを許可できないものとします。
5. 利用会員は、自身の利用予約に基づきバレーパーキングサービスを第三者に利用させることはできません。


第3.12条(駐車場の提供に関する当社の免責)
1.駐車場の提供者はオーナーであり、当社が駐車場の提供者ではないため、当社は、駐車場の提供に関して何らの責任も負担しません。パートナーまたはオーナーの責めに帰すべき事由により利用会員に損害が発生した場合であっても、当社は当該損害について一切の責任を負担しません。
2.パートナーおよびオーナーは、自らに帰責性のない事由に基づき発生した損害については一切の責任を負担しないものとします。
3.オーナーの責めに帰すべき事由に基づき車両が損傷したことにより利用会員に損害が発生した場合、オーナーが当該利用会員に対して負担する損害賠償責任はオーナーが加入する賠償責任保険にて定める支払限度額を上限とします。この場合、パートナーおよびオーナーは、代車の用意および代車の用意に要する費用の負担等は致しません。
4. 利用会員は、駐車場の利用にあたって、登録駐車場内での車両、車両の附属装着物または積載物について自ら管理責任を負うものとし、当社、パートナーおよびオーナーは、これらの盗難、紛失または毀損につき何らの責任も負わないものとします。
5.駐車場の提供に関してパートナーおよびオーナーが利用会員に対して負担する損害賠償責任は、第3項の場合を除き、当該損害発生の原因となった駐車場の利用に係る第4.2条に定める利用料を上限とします。 6.第2項ないし第5項は、利用会員が消費者契約法第2条第1項に定める消費者であって、パートナーまたはオーナーに故意または重大な過失がある場合には、 パートナーおよびオーナーのうち故意または重大な過失が認められる者との関係では適用されないものとします。


第3.13条(バレーパーキングサービスに関する当社の免責)
1.バレーパーキングサービスの提供者はオーナーであり、当社がバレーパーキングサービスの提供者ではないため、当社は、バレーパーキングサービスに関して何らの責任も負担しません。パートナーまたはオーナーの責めに帰すべき事由により利用会員に損害が発生した場合であっても、当社は当該損害について一切の責任を負担しません。
2.パートナーおよびオーナーは、自らに帰責性のない事由(飛び石等による車両の損傷を含みます。)に基づき発生した損害については一切の責任を負担しないものとします。
3.利用会員から事前の説明がない場合、車両の通常操作における車両の損傷、部品の損傷、バッテリー漏電等により発生した損害について、パートナーおよびオーナーは一切の責任を負担しないものとします。
4.オーナーの責めに帰すべき事由に基づき車両が損傷したことにより利用会員に損害が発生した場合、オーナーが当該利用会員に対して負担する損害賠償責任はオーナーが加入する賠償責任保険にて定める支払限度額を上限とします。この場合、パートナーおよびオーナーは、代車の用意および代車の用意に要する費用の負担等は致しません。
5. 利用会員は、バレーパーキングサービスの対象とする車両、車両の附属装着物または積載物について自ら管理責任を負うものとし、パートナーおよびオーナーは、これらの盗難、紛失または毀損につき一切の責任を負わないものとします。
6.パートナーおよびオーナーは、利用会員が車両の受渡場所を離れた後に利用会員から損害発生の申出を受けた場合であっても、当該損害については一切の責任を負担しません。
7.バレーパーキングサービスに関してパートナーおよびオーナーが利用会員に対して負担する損害賠償責任は、第3項の場合を除き、当該損害発生の原因となったバレーパーキングサービスの利用に係る第4.2条に定める利用料を上限とします。
8.第2項ないし第7項は、利用会員が消費者契約法第2条第1項に定める消費者であって、パートナーまたはオーナーに故意または重大な過失がある場合には、 パートナーおよびオーナーのうち故意または重大な過失が認められる者との関係では適用されないものとします。


第4章 駐車場等利用料およびその支払方法



第4.1条(利用契約の成立)
登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場についての利用契約は、利用会員が利用予約を行った利用時間の開始時点で成立するものとし、利用会員は、現実に登録駐車場、バレーパーキングサービスまたは走行練習場を利用したか否かにかかわらず、 第4.2条に定める駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料および走行練習場利用料の支払義務を負うものとします。


第4.2条(駐車場等利用料等)
1. 利用会員は、当社に対し、本サービスサイト等に掲示された駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料および走行練習場利用料を、利用日の翌日(利用日が複数の日にわたるときはその最終日の翌日)に第4.3条に定める方法により支払うものとします。なお、当社は、オーナーから駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料、走行練習場利用料その他本規約に定める費用等について代理受領権限を付与されているパートナーから、当該代理受領権の再付与を受けているため、利用会員は、当社に対して支払えば足りるものとします。
2. 利用会員は、当社所定の手続に従い、当社所定の延長料金を、手続時に第4.3条に定める方法により支払うことにより、登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場の利用時間を延長することができます。ただし、当社、パートナーおよびオーナーは、利用時間を延長できることを保証するものではなく、登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場の利用状況等によっては延長できない場合があります。
3. 利用会員は、駐車場の利用において前項に定める利用時間の延長をすることなく利用予約を行った利用時間を超えて登録駐車場を利用したとき、バレーパーキングサービスの利用において前項に定める利用時間の延長をすることなく利用予約を行った際の返却時刻までに車両の返却を受けなかったときおよび走行練習場の利用において前項に定める利用時間の延長をすることなく利用予約を行った利用時間を超えて走行練習場を利用したときは、 特P料金表所定の無断延長ペナルティ料金を当該利用時間の終了時に第4.3条に定める方法により支払うものとします。


第4.3条(支払方法)
1. 利用会員は、駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料、走行練習場利用料その他本サービスに関連して当社、パートナーまたはオーナーに対して支払義務が発生した一切の債務について、特P料金表所定の方法により支払うものとします。
2. 前項の手段によって支払いがなされない場合、当社は、請求書その他当社が適当と認める方法による支払いを求めることができるものとします。
3. 利用会員の支払いに必要な振込手数料その他の費用は、全て当該会員の負担とします。


第4.4条(遅延利息)
利用会員は、駐車場利用料、バレーパーキングサービス利用料、走行練習場利用料その他本サービスに関連して当社、パートナーまたはオーナーに対して支払義務が発生した一切の金銭債務を、 支払期日を過ぎても履行しなかった場合、支払期日の翌日から年14.6%の割合の遅延損害金を付して支払うものとします。


第4.5条(相殺)
当社は、本規約に関し利用会員に対する金銭債権を有する場合、利用会員の当社に対する金銭債権といつでも相殺することができるものとします。


第5章 走行練習場の利用条件等


第5.1条(走行練習の目的)
走行練習は、交通安全や交通事故撲滅を目的としたものであり、利用会員はその目的達成のために本規約を遵守し、走行練習場を利用するものとします。


第5.2条(走行練習場を利用可能な車両)
1.走行練習場を利用可能な車両は、走行練習場ごとに異なることがあり、利用会員は、自己の責任と判断で、走行練習場の内容を確認の上、利用する走行練習場を選択するものとします。
2.利用会員は、次の車両については、走行練習場を利用することができないものとします。
(1) 改造車両。
(2) 盗難車両。
(3) 当社所定の基準を満たした対人・対物保証の自動車保険(任意保険)に加入していない車両。
(4) 車両登録事項の変更が生じているにもかかわらず法令に基づく適切な変更手続がなされていない車両。
(5) 危険物、有害汚染物質、その他安全もしくは衛生を害する恐れのある物または悪臭発生もしくは液汁漏出の原因となる物を積載した車両。
(6) オーナーが定めている利用条件を満たさない車両。
(7) オーナーが走行練習場を利用できないと定めている車両。
(8) 前各号のほか、当社、パートナーまたはオーナーが走行練習場を利用できないと判断する車両。
3.オーナーが、前項第1号および3号の車両の利用を明示的に認めているときは、その認めた範囲において前項の定めを適用しないものとします。
4.第1項および第2項の定めにより、利用会員が走行練習場を利用できなかったとしても、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。


第5.3条(走行練習場の利用条件)
1.利用会員は、走行練習場の利用にあたり以下の事項を承諾するものとします。
(1) 利用会員が本規約に違反する行為を行った場合および当社が必要と判断した場合には、利用の中止をすることができるものとします。なお、当社はその場合であっても走行練習場利用料の徴収は全額行うものとし、返金はしないものとします。
(2) 走行練習場は雨天決行としますが、天候の状況次第では、当社が当日キャンセルをすることができるものとします。なお、走行練習場利用料の決済完了後の場合は、当社が認めた場合に限り、利用会員に決済金額の返金を行うものとします。
(3) 走行練習場にはそれぞれ定員があり、それを超えての利用はできないものとします。
(4) 走行練習場利用後には、原状回復を行うものとします。
2.利用会員は、走行練習場の利用にあたり、以下に掲げる利用条件を遵守するものとします。利用会員が、以下の利用条件に従わずに走行練習場を利用したことにより損害を被ったとしても、当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。
(1) 本規約および本サービスサイト等に掲示された利用条件および利用方法に従って走行練習場を利用すること。
(2) 本サービスサイト等に掲示された利用上の留意事項を理解・了承のうえで走行練習場を利用すること。
(3) 第三者の権利を侵害し、不利益を与え、または不快感を抱かせる行為をしないこと。
(4) 公序良俗に反する行為をしないこと。
(5) 走行練習を行おうとする車両を運転するのに必要な運転免許証を携帯していること。
(6) 利用予約時に登録したクレジットカードを利用停止または無効としないこと。
(7) 長袖、長ズボン、グローブ、プロテクター(胸、背中、肘、膝)およびヘルメットを着用すること。
(8) 必要以上にスピードを出しての走行行為、レースおよびそれに類する行為を行わないこと。
(9) 騒音を出さないこと。
(10)怪我のないように十分注意して利用すること。
(11)ゴミは持ち帰ること。
(12)複数台で同時走行する場合は、互いに譲り合って怪我をしないように走行すること。
(13)利用終了後は使用したパイロン等の貸出物を指定場所に返却すること。
(14)危険走行を行わないこと。
(15)車両故障時はすみやかに降車し、それ以降の走行はしないこと。
(16)利用会員等は、あらかじめ走行練習場として定められた敷地のみ利用すること。
(17)走行練習場ごとに規定された規約およびルール等を理解・了承のうえで走行練習場を利用すること。
(18)その他当社が不適切と判断する行為をしないこと。
3.本規約と走行練習場ごとに規定された規約およびルール等との間において、相互に矛盾する内容がある場合には、当社が別に定めない限り、本規約が優先して適用されるものとします。


第5.4条(走行練習場の不正利用)
1.利用会員が、本規約に基づく利用予約をせずに走行練習場を利用した場合、その他当社、パートナーまたはオーナーが不正な利用と認めた場合、当社、パートナーおよびオーナーは、警察への通報その他必要な手続を取るとともに、何らの催告なく、利用中の車両その他不正に走行練習場に置かれている動産を他の場所に移動することができるものとします。
2.前項の場合、利用会員は、オーナーに対し、特P料金表所定の走行練習場不正利用ペナルティ料金のほか、通報および車両等の移動、保管等に要した諸費用を支払うものとします。
3.前項の支払いは、オーナーと利用会員との間で直接行うものとします。


第5.5条(走行練習場のペナルティ料金)
1.利用会員が本規約に違反した場合は、利用会員は、オーナーに対し特P料金表所定の走行練習場規約違反ペナルティ料金を支払うものとします。
2.前項の支払いは、オーナーと利用会員との間で直接行うものとします。


第5.6条(走行練習場の第三者による利用)
1.利用会員は、自身の利用予約に基づき第三者が走行練習場を利用することを許可することができます。ただし、本サービスサイト等に別段の定めがあるときはこの限りではありません。
2.利用会員が走行練習場の利用を許可した第三者(前項の定めに基づく場合に限られないものとします。)による走行練習場の利用は、利用会員による利用とみなすものとし、利用会員は当該第三者の走行練習場利用料を負担するとともに、当該第三者の利用について一切の責任を負うものとします。
3.利用会員が第三者に走行練習場の利用を許可する場合、当該第三者に本章に定める利用条件等を遵守させるものとします。
4.第1項にかかわらず、利用会員は、会員規約第2.1条第2項各号に定める者が走行練習場を利用することを許可できないものとします。


第5.7条(走行練習場の提供に関する当社の免責)
1.走行練習場の提供者はオーナーであり、当社は走行練習場の提供者ではないため、当社は、走行練習場の提供に関して何らの責任も負担しません。パートナーまたはオーナーの責めに帰すべき事由により利用会員に損害が発生した場合であっても、当社は当該損害について一切の責任を負担しません。
2.パートナーおよびオーナーは、自らに帰責性のない事由に基づき発生した損害については一切の責任を負担しないものとします。
3.パートナーおよびオーナーは、路面状態の悪化や釘等が落ちている等の事由に基づき発生した損害についても一切の責任を負担しないものとします。
4.オーナーの責めに帰すべき事由に基づき車両が損傷したことにより利用会員に損害が発生した場合、オーナーが当該利用会員に対して負担する損害賠償責任はオーナーが加入する賠償責任保険にて定める支払限度額を上限とします。この場合、パートナーおよびオーナーは、代車の用意および代車の用意に要する費用の負担等は致しません。
5.利用会員は、走行練習場の利用にあたって、走行練習場内での車両、車両の附属装着物または積載物について自ら管理責任を負うものとし、当社、パートナーおよびオーナーは、これらの盗難、紛失または毀損につき何らの責任も負わないものとします。
6.走行練習場の提供に関してパートナーおよびオーナーが利用会員に対して負担する損害賠償責任は、第4項の場合を除き、当該損害発生の原因となった走行練習場の利用に係る第4.2条に定める利用料を上限とします。
7.第2項ないし第6項は、利用会員が消費者契約法第2条第1項に定める消費者であって、パートナーまたはオーナーに故意または重大な過失がある場合には、パートナーおよびオーナーのうち故意または重大な過失が認められる者との関係では適用されないものとします。


第5.8条(走行練習場利用に際しての事故時の対応)
1.利用会員が走行練習場の利用に際し、物損事故、人身事故その他の事故を起こしたときは、直ちに警察その他の当社の指定する必要な連絡先に連絡するものとし、当社または当社が指定する者が求める調査や捜査に協力するものとします。
2.利用会員は、前項の連絡をしたときは、当社または当社の指定する者に対し、継続してその状況を報告しなければならないものとします。


第5.9条(利用会員の責任)
1.利用会員または第5.6条に基づき走行練習場を利用する第三者(以下、本条において利用会員と当該第三者を併せて「利用会員等」といいます。)の責めに帰すべき事由によりオーナーに損害が発生した場合、利用会員はオーナーに対して、その損害を賠償するものとします。
2.前項の損害賠償およびオーナーの責めに帰すべき事由による損害賠償は、オーナーと利用会員との間で直接行うものとします。
3.利用会員等の責めに帰すべき事由により当社に損害が発生した場合、利用会員は当社に対して、その損害を賠償するものとします。
4.利用会員は自己の責任において走行練習場を利用するものとし、利用会員等に重大な事故等が起こった場合であっても当社、パートナーおよびオーナーは何らの責任も負わないものとします。




第6条 雑則


第6.1条(本規約および特P料金表等の変更)
当社は、利用会員、パートナーおよびオーナーの事前の承諾なしに、本規約および特P料金表等を変更することができるものとし、 本規約および特P料金表等の変更の効力は、当社が変更内容を本サービスサイト等に掲載したときに生じるものとします。

平成29年4月7日制定
平成29年7月25日改定
平成30年2月22日改定
平成30年8月10日改定



以 上

特P料金表

予約取消期限(第2.2条第1項))
利用予約を行った利用日前日の23時59分


キャンセル料(第2.2条第2項)
駐車場等利用料相当額


登録駐車場不正利用ペナルティ料金(第3.4条第2項)
金2万円


無断延長ペナルティ料金(第4.2条第3項)
超過時間24時間ごとに、利用した登録駐車場、バレーパーキングサービスおよび走行練習場の超過日の1日料金の3倍に相当する金額


支払方法(第4.3条第1項)
当社の承諾を得たクレジットカード(個人の利用会員においては本人名義、法人の利用会員においては法人名義または代表者個人名義のクレジットカードに限るものとします)その他当社が指定する方法


走行練習場不正利用ペナルティ料金(第5.4条第2項)
走行練習場利用料相当額および金50万円


走行練習場規約違反ペナルティ料金(第5.5条第1項)
金50万円



以 上



個人情報の取扱いに関する同意書


私(以下「申込者等」という)は、特Pのオーナー申込にあたり、本条項に従って個人情報を取扱うことに同意します。なお、本申込等に個人情報の収集、保有、利用、提供に関する同意条項の記載がある場合においても本同意書の各同意条項がそれに優先して適用されることに同意します。


第1条(個人情報)
個人情報とは、以下の個人に関する情報をいい、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいいます。また、その情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができる物も個人情報に含まれます。
(1) 氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、国籍、職業、勤務先名称、勤務先住所、勤務先電話番号及び年商等の本申込等に記載された属性情報(変更後の情報を含む)。
(2) 運転免許証、パスポート、外国人登録証明書及び商業登記簿謄本等に記載された本人確認のための情報。
(3) 納税証明書その他の公的証明書に記載された情報。
(4) 個人の肖像又は音声を磁気的又は光学的記録媒体等にて記録された映像又は音声情報。
(5) 裁判所等公共機関、官報、マスメディア、電話帳又は住宅地図等において公開されている情報。


第2条(利用目的)
株式会社アース・カー(以下「当社」という)は、申込者等の個人情報について、次の事業内容及び利用目的の達成に必要な範囲において取扱います。なお、個人情報保護法、その他の規範等を遵守し、本人の明示的な同意がある場合又は法令等に基づく目的以外の目的には利用しません。
(1) 当社のオーナー申込にあたる審査を行うため、及び申込者等の本人確認にあたり適切な判断や対応を行うため。
(2) 意見、要望又は相談について、確認、回答又はその他の対応を行うため。
(3) 資料や関連情報の送付及び関連する連絡を行うため。
(4) 当社から、各種の商品・サービス等あるいは各種イベント・キャンペーン等の開催について案内を行うため。
(5) 商品開発あるいは顧客満足度向上策検討のため、アンケート調査を行うため。
(6) 当社のオーナー申込状況の分析やマーケティング分析に利用するため。
(7) 申込者等との本申込等や法令に基づく権利の行使や義務の履行を行うため。
(8) オーナーの管理を行うため。
(9) 当社において経営上必要な各種の管理を行うため。
(10) その他前述の各種業務に伴う業務実施を行うため。


第3条(委託)
当社は、自社の事務の一部又は全部を当社と同等の管理レベルを持った委託先に、申込者等の個人情報の取扱いを委託することがあります。


第4条(第三者への開示及び提供)
当社は、業務委託先への提供又は以下のいずれかに該当する場合を除き、申込者等の個人情報を第三者へ開示又は提供いたしません。
(1) 本人の同意がある場合。
(2) 本人を識別することができない状態で開示・提供する場合。
(3) 法令に基づく場合。
(4) 人の生命、身体又は財産保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合。
(5) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であってご本人の同意を得ることが困難であるとき
(6) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに 対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによりその事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合。
2.申込者等は、当社が申込者等の個人情報を以下の第三者に対し提供することに同意します。
(1) 前条記載の利用目的達成のために、申込等者、同居人等の申込者等の関係者、緊急連絡先若しくはその他しかるべき第三者に対し提供すること。
(2) 申込者等が第三者に不利益を及ぼすと当社が判断した場合に当該第三者に提供すること。


第5条(第三者の範囲)
以下の場合、個人情報の提供を受ける者は、第三者に該当しないものとします。
(1) 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの一部又全部を当社と同等の 管理レベルを持った委託先に個人情報の取扱いを委託する場合。
(2) 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供させる場合。


第6条(開示)
当社が保有する申込者等の個人情報に関して申込者等ご自身の情報の開示をご希望される場合には、 お申し出頂いた方がご本人であることを確認した上で、開示させていただきます。請求様式(書面)等の詳細につきましては当社へお問い合わせください。なお、開示の請求、利用目的の通知の請求につきましては有料とさせていただきます。


第7条(訂正・追加等)
当社が保有する申込者等の個人情報に関して、申込者等ご自身の情報について訂正、追加をご希望される場合には、お申し出いただいた方がご本人であることを確認した上で、事実と異なる場合には、その情報の訂正、追加をメール、電話、FAX等で受付いたします。


第8条(不同意の場合)
当社は、あくまで当社全体のサービスの品質向上を目的とし、本同意条項に沿って慎重かつ適切に個人情報を管理していく所存ですが、本同意条項にご同意いただけない場合には、申込者等とのお取引をお断りさせて頂くことがございます。但し、本同意条項第2条(3)又は(6)に同意しない場合でも、これを理由に当社が本申込等をお断りすることはありません。


第9条(利用停止・消去)
当社が保有する申込者等の個人情報に関して、申込者等ご自身の情報の利用停止又は消去をご希望される場合には、お申し出いただいた方がご本人であることを確認した上で、その利用を停止又は消去いたします。
これらの情報の一部又は全部を利用停止又は消去した場合、不本意ながらご要望に沿ったサービスの提供等ができなくなることがありますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
請求様式(書面)等の詳細につきましては当社へお問い合わせください。なお、利用を停止又は消去の請求につきましては無料とさせていただきます。
※法令の定めにより消去できない場合がございます。あらかじめご了承ください。


第10条(個人情報を与えることの任意性)
申込者等から頂く個人情報は任意によるものです。但し、ご提供頂けなかった場合、当社等からのご 案内・サービスのご提供が出来ない場合及び採用管理業務等に支障が出る場合がございます。


第11条(個人情報の正確性)
当社は、利用目的達成に必要な範囲内において、個人情報を正確な内容に保つよう努めます。但し、本申込等の申込時又は締結時において提供いただいた個人情報が正確かつ最新であることについて、申込者等が責任を負うものとします。


第12条(審査結果)
申込者等は、当社の審査結果の内容について異議を申し立てないことに同意します。なお、当社は、 審査結果に関する判定理由は開示しません。


第13条(統計データの利用)
当社は、提供を受けた個人情報をもとに、個人を特定できない形式に加工した統計データを作成する ことがあります。当社は、当該データにつき何らの制限なく利用することができるものとします。


第14条(本条項の改訂)
当社は、法令等の定めがある場合を除き、本条項を随時変更することができるものとします。


第15条(開示等の受付方法・窓口)
当社が保有する申込者等の個人情報に関する、第6条、第7条及び第9条のお申し出及びその個人情報に関するお問い合わせは、下記の宛先に電話、郵便又は電子メールでお申込みください。
ご本人(又は代理人)であることの確認をした上で、書面の交付その他の方法により、ご回答させて いただきます。


第16条(自動取得する情報)
(1) 当社のホームページ等でご案内している電話番号、フリーダイヤルにお電話いただいた通話は、内容の確認・証明のために録音をさせていただきます。
(2) 当社WEBサイト及び取引画面へのログイン後のページでは、当社自身のサイト評価のため及び取引記録を残すためにアクセスログを記録しています。
(3) 当社は、申込者等のパソコンを特定し利便性を高めるために、クッキー(Cookie)と呼ばれる 情報等を、申込者等のパソコンに送ります。クッキー情報等は申込者等のパソコンを特定する ために使用しており、クッキー情報等には個人情報は含めておりません。
(4) 当社のオフィス内の監視カメラの映像情報を防犯のために記録しています。


■ 個人情報取扱に関するお問い合わせ先
〒100-6224
東京都千代田区丸の内1-11-1
株式会社 アース・カー  個人情報保護管理担当者
電話 03-6812-2288
電子メール privacy@earthcar.jp
なお、電話での受付時間は、平日の午前9時30分から午後6時まで(当社営業日)となります。


(附則)
1.本規約は平成29年4月1日より施行する。
2.本規約は平成29年11月9日より改定施行する。

本資料には当社の機密情報が含まれておりますので、当社の書面による承諾がなく第3者に開示することはできません。




pagetop